今日の晩ごはん

いんげんとこんにゃく、さつま揚げの煮物

調理時間
20分

仕上げの鰹節で味に深みをプラス

基本調味料だけで作る、お手軽煮物。噛みごたえのあるこんにゃくを使うことで低カロリーながら満足感のあるおかずに。お肉が食べたい日は、さつま揚げをベーコンに替えても美味。

材料 ( 2人分 )

  • いんげん …150g
  • こんにゃく …1枚(100g)
  • さつま揚げ …2枚(100g)
  • 鰹節 …1袋(3g)
<A>
  • 水 …3/4カップ
  • 酒 …大さじ2
  • みりん …大さじ2
  • 醤油 …大さじ1と1/2
  • 砂糖 …小さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
いんげんはヘタを取る。こんにゃくは薄切りにして塩適量(分量外)でもみ、水で洗い流す。さつま揚げは8mm厚に切る。
2 煮る
鍋に<A>を合わせて火にかける。沸騰したら1を入れ、ふたをして弱めの中火で約15分煮る。
3 仕上げる
2を器に盛り、鰹節を散らす。

Point

  • こんにゃくは塩でもむ

    こんにゃくは炒ったり、ゆでたりしなくても、塩でもむとアクと臭みが取れる。ボウルに切ったこんにゃくと塩を入れてさっともんで、水で洗えばOK。

  • ダシは使わず、仕上げに鰹節を散らしてカツオの風味を後からプラスする。水で煮ても、仕上げに振りかけるだけで味に深みが出るので、わずかな時間と手間で美味しい煮物が作れる。

副菜 memo

薬味たっぷりの
爽やかな一品を

醤油、みりん、砂糖でしっかりとした味付けに仕上げた煮物には、清涼感のあるおかずが好相性。冷奴にねぎ、ミョウガ、大葉などをたっぷりのせた、軽やかな初夏向きの副菜がおすすめ。