今日の晩ごはん

ごちそうミートパイ

調理時間
70分

フランスではクリスマスシーズンの定番

味はもちろん見た目も豪華な料理。パイ生地で包まれているので持ち寄り料理としても最適。フランスではお菓子屋さんで売られている人気のお惣菜。

材料 ( 18㎝のパイ皿1台分 )

  • 合挽肉 …200g
  • 玉ねぎ …中1/2個
  • セロリ …1/2本
  • ニンジン …1/3本
  • オリーブ油 …大さじ2
  • パン粉 …1/2カップ
  • 卵 …1個
  • 塩 …小さじ1/2
  • 黒こしょう …少々
  • ナツメグ等好みのスパイス …少々
  • プルーン(種抜き) …4~5粒
  • ピスタチオ …10粒(なくても可)
  • 冷凍パイシート20×20㎝ …2枚

作り方

1 野菜を炒める
野菜はすべてみじん切りにして、油を熱した鍋でへらで押した際にクタっとつぶれるくらいまで炒めて、冷ます。
2 肉を混ぜ合わせる
ボウルに1と挽肉、パン粉、卵1/2個分、塩、黒こしょう、スパイス、ピスタチオを入れて粘りがでるまで混ぜ合わせる。ひとつにまとめて空気を抜く。
3 パイを焼く
パイ皿にパイシートを1枚おき、残りの卵液を表面に塗る。その上に2をのせ、プルーンをバランスよく埋める。もう1枚のパイシートを交差するようにかぶせて、しっかりと密着させる。かぶせたパイシートの表面に卵液を塗って飾り切りをし(パイ皿からはみ出ている部分を切る)、中心と数カ所にナイフなどを刺して穴をあける。200度に予熱したオーブンで30分~40分焼く。

Point

  • しっかりと炒めて水分を飛ばす

    野菜が水っぽいとぐちゃっとしてしまうので、焦げつかないように気をつけながら水分が飛ぶまで炒める。

  • パイ生地を密着させる

    生地を交差するようにかぶせ、指で押して密着させる。しっかりと密着させないと肉汁が出てきてしまう。

  • ピスタチオやプルーンを入れて豪華に。ピスタチオのカリッとした食感とプルーンのほどよい酸味がアクセントに。フランスではトリュフも入れることもあるそう!

副菜 memo

スープがあれば満足

これ1品でお腹いっぱいになるほどボリューム満点のごちそうメニューなので、季節の根菜類を煮込んだスープやポタージュがあればOK。赤ワインともよく合う。