今日の晩ごはん

ベトナム風エビ入り水餃子

調理時間
20分

エスニックな風味がクセになる!

具にはエビの粗みじん切りを入れ、ぷりぷりと旨味が弾ける水餃子に。香菜とナンプラーを使ったベトナム風の味つけで、口に入れるとエスニックな香りがふわりと広がる。

材料 ( 2人分 )

  • 餃子皮 …20枚
<餃子の具材>
  • 豚挽肉 …120g
  • 小エビ …10尾
  • 香菜 …3本ほど
  • えのきだけ …20gほど
  • ショウガ(すりおろし) …小さじ1
  • ニンニク(すりおろし) …小さじ1/2
  • ナンプラー …大さじ1と1/2
  • ごま油 …大さじ1
  • 片栗粉 …小さじ2
  • 砂糖 …小さじ1/2
  • こしょう、塩 …各適宜
  • 水 …大さじ1
  • オリーブ油 …大さじ1
  • オリーブ油 …少々
  • 醤油、酢 …各適宜

作り方

1 下ごしらえ
香菜、えのきだけはみじん切りにする。エビは背ワタを取り、粗みじんに切る。
2 混ぜ合わせる
<1>とその他の餃子の具材を合わせ、混ぜ合わせる。
3 包む
皮の周りに水をつけながら<2>の具をのせ、半月に折る。両端をつなぎ合わせるようにしっかりとくっつける。
4 ゆでる
たっぷりの湯に油を入れて沸騰させ、餃子をゆでる。
5 盛り付ける
お好みで酢醤油を添える。

Point

  • 香菜とナンプラーを利かせて

    ベトナム風の味のヒミツは具に入れた香菜とナンプラー。食べた時に口の中に広がるエスニックな香りがたまらない。

  • 水餃子は、いつもと違う包み方で見た目にも楽しく。ひだを作らず、端と端をくっつけて丸くすれば、つるんと食べやすい形に。もちもちとした食感が好きなので、もち粉や米粉入りの皮を選ぶようにしているそう。

副菜 memo

温かいスープを添えて

おすすめは、鶏ガラスープに山芋のすりおろしをたっぷり入れて、塩、こしょうで味つけし、香菜を散らしたスープ。栄養満点で、エスニック風味の水餃子とも相性がいい。