今日の晩ごはん

春雨と野菜の炒め煮 梅ナンプラーダレ添え

調理時間
20分

梅干しと米酢、2つの異なる酸味を合わせてコクアップ

砂糖とナンプラーがベースの優しい甘さが、しみじみ美味しい炒め煮。仕上げにかけるタレは、梅干しの酸味がアクセント。疲れた身体が喜ぶ一品です。

材料 ( 4人分 )

  • 豚こま切れ肉 …100g
  • ニンジン …大1/2本(150g)
  • 玉ねぎ …小1個(140g)
  • ピーマン …2個
  • えのき …1株(200g)
  • 緑豆春雨 …80g
<A>
  • ニンニク(みじん切り) …1片分
  • 醤油 …大さじ1
  • 黒こしょう …少々
  • 米油 …大さじ1
<B>
  • 砂糖 …大さじ2
  • ナンプラー …大さじ1
  • サンチュ …適量
<タレ>
  • たたき梅 …大さじ1(梅干し大1個分)
  • 米酢、ナンプラー …各大さじ1

作り方

1 肉に下味をつける
豚肉は1cm幅に切る。ボウルに<A>を入れて肉を加えてもみ込み、約10分おく。
2 野菜を切る
1の肉を漬けている間に、ニンジンは5mm幅の拍子木切り、玉ねぎは繊維に沿って5mm幅に切る。ピーマンは5mm幅の細切りに、えのきは石突きを切り落とし、半分長さに切る。
3 春雨を戻す
春雨は熱湯に浸けて袋の表示時間より短かめに引き上げて硬めに戻す。水で冷やし、水気をきってから10cm長さのざく切りにする。
4 炒める
鍋に油を中火で熱し、1の肉を炒める。肉の色が変わったら2を入れて炒め合わせる。<B>と春雨を加えて混ぜながら汁気を吸わせ、春雨に味が絡んだら火からおろす。
5 仕上げる
サンチュを敷いた皿に4を盛る。タレの材料を混ぜ合わせ、かけていただく。

Point

  • 春雨は水にさらす

    春雨は火を通しすぎると、べちゃっとした食感になってしまうので、硬めに戻す。戻した後は冷水にさらして冷やし、シャキっとさせてから炒め煮にする。

  • 「子ども達が辛い味が苦手なので、唐辛子やチリソースの代わりに、梅干しと米酢を合わせました」。梅干しと米酢、2つの異なる酸味を合わせることで、コクとアクセントが生まれる。

副菜 memo

エスニックな食卓に

ナンプラーがベースの主菜は、同じくエスニックな副菜が合う。カリカリに揚げ焼きしたアジア屋台風卵焼きや、揚げワンタンなど、歯ごたえのあるものを添えれば互いの食感の違いが引き立って◎。