今日の晩ごはん

舞茸でやわらか!豚とセロリの梅とろろがけ

調理時間
35分

舞茸の酵素で豚こまをやわらかく

手頃な豚のこま切れ肉が、舞茸と一緒に漬込むだけで驚くほどやわらかくジューシーに。とろろを絡めて梅とセロリの塩気でいただきます。ごはんにかけても美味しい!

材料 ( 2人分 )

  • 豚こま切れ肉 …200g
  • セロリ …2本
  • ナガイモ …約10cm
  • 舞茸 …1パック(約120g前後)
<A>
  • 酒 …大さじ1
  • みりん …大さじ1
  • 醤油 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1/2
  • 梅干し …大きめ2個
  • 大葉 …4枚

作り方

1 下ごしらえをする
袋に豚肉、舞茸を手でさいて入れ、Aを加えてよくもみこみ20分ほど置く。セロリは筋を取り、ななめ薄切りにして塩をもみこむ。しばらくすると水分が出るのでよく絞る。ナガイモは皮をむき、すりおろしてとろろにする。大葉は千切りにし、梅干しは種を取り包丁でたたく。
2 炒める
鍋に1の豚肉と舞茸を、出て来た水分も一緒に入れて、15分ほど火が通るまで弱火にかける。
3 仕上げる
2を器に盛り、1のとろろをかけ、セロリ、梅、大葉を添える。

Point

  • 舞茸と豚肉を一緒に漬込む

    生の舞茸と豚のこま切れ肉を袋に入れて手でもむようにして混ぜ20分ほど置くと、舞茸のタンパク質を分解する酵素が働き、肉がしっとりやわらかくなる。

  • 平日の食卓には、手頃な値段で気軽に使える豚のこま切れ肉をチョイス。きのこ類でかさ増しして、ヘルシーに仕上げるのがつがねさん流。

副菜 memo

さっぱりした副菜が合う

梅の塩分が効いたとろろが豚肉によく絡み、口当たりが濃厚なので、副菜には酢の物などがあると口中がさっぱりする。もずく酢とトマト、新玉ねぎを和えた簡単酢の物がつがねさんのイチオシ!