今日の晩ごはん

カツオの塩レモンマリネ

調理時間
20分

旬のカツオを彩りよく仕上げて

カリカリッと香ばしく焼いたニンニクと、レモンの香り、そしてバジル。三つの香りを重ねたカツオは格別の美味しさ。冷蔵庫で冷やして食べても美味しい。

材料 ( 2人分 )

  • カツオ(刺身用) …180g
  • 玉ねぎ(薄切り) …1/2個分
  • バジル …2枝
  • ニンニク(薄切り) …1片分
  • オリーブ油 …大さじ2
  • 塩 …適量
  • こしょう …適量
  • 醤油 …適量
<レモン塩>
  • レモン …1個(できれば国産のもの)
  • 塩 …小さじ1

作り方

1 レモン塩を作る
レモンは2mm厚のいちょう切りにし、塩をまぶす。
2 カツオを焼く
カツオは大きめの一口大に切り、塩、こしょうを振り下味をつける。フライパンに油を熱し、カツオとニンニクを入れ、カツオの両面をこんがりと焼く。
3 仕上げる
皿に玉ねぎを敷き、2と1の1/4量ずつを交互にのせ、バジルをちぎって散らす。2のフライパンに醤油を2滴ほどたらして混ぜ、仕上げにかける。

Point

  • レモン塩を作っておく

    レモンに塩を振り、出てきた水分ごと調味料として使う。酸味のある塩気とオリーブ油の香りがベストマッチ。カツオが洋風のおかずに早変わりする。※あまった分は保存容器に入れて、冷蔵庫で2週間保存可。

  • 刺身用のカツオをオリーブ油でこんがりと焼き目がつくまで焼く。かつお独特の生臭さが抜けて香ばしくなり、生のまま食べるより風味が豊かに。その油はタレとしても活用。

副菜 memo

ほっくり甘いおかずを

主菜の爽やかなレモンの風味をより引き立てるには、まろやかな甘みのあるおかずを合わせたい。マッシュしたカボチャに牛乳を合わせ、レーズンやくるみをトッピングしたカボチャのサラダを添えて。