今日の晩ごはん

ポークジンジャー

調理時間
40分

おかずにもおつまみにも最適

定番料理ショウガ焼きも、スペアリブを使うことで主役級の華やかさに! ショウガは先に絡めずに、煮詰めたタレに入れることでしっかりと風味が残る。

材料 ( 2人分 )

  • スペアリブ …4本(約800g)
  • ショウガ …15g
  • 紫キャベツ …1/6個
  • 玉ねぎ …1/2個
  • リンゴ …1/2個
<A>
  • 醤油 …50cc
  • みりん …50cc
  • 水 …大さじ3
  • 太白ごま油(サラダ油でもよい) …大さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
キャベツ、玉ねぎは2mm幅の千切り、リンゴは皮付きのまま5mm角の拍子木切りにする。ショウガは皮をむき、すりおろす。スペアリブはAに15分ほど漬ける。
2 野菜を炒める
強火のフライパンにキャベツ、玉ねぎ、リンゴ、水を入れ、しんなりするまで軽く炒め、仕上げにAを大さじ2加えてからめ、ボウルに取り出しておく。
3 肉を焼く
フライパンを強火に熱し油を入れ、1のスペアリブの漬けダレを良く切ってから表面に焼き色が付くまで焼く(漬けダレは加熱してソースを作るために残しておく)。蓋をして弱火で、さらに10分ほど加熱し中まで火を通す。いったん取り出し、フライパンを洗う。
4 タレを作る
中火のフライパンに残りのAを入れて煮詰める。少し煮詰まってきたら、1のショウガを入れスペアリブを戻し、タレを肉に絡める。
5 盛り付ける
器に2の野菜と4のスペアリブを盛り付ける。

Point

  • 野菜は蒸し焼きにする

    紫キャベツはそのまま炒めると苦みがあるので、少し水を加えて蒸し焼きにすると苦みがやわらぎ食べやすくなる。

  • ショウガの風味を残す

    ショウガはスペアリブを漬け込むタレに入れるのではなく、あとから入れる。その方がショウガの風味が残る。

  • 肉とリンゴの組み合わせを楽しむのが橋本さん流の作り方。フルーツを加熱すると食べにくいという人がいる場合は、キャベツや玉ねぎと同じ形に切ればほとんど気にならなくなる。

副菜 memo

酸味のあるさっぱりスープ

しっかりとした味付けのポークジンジャーには、旬のトマトを使ったガスパチョなどさっぱりしたものを合わせる。箸休め的なスープは、バジルなどハーブを利かせると夏向きに。