今日の晩ごはん

葉付きにんじんと高野豆腐のかき揚げ

調理時間
15分

食欲を刺激する香ばしさ

味付けした高野豆腐がアクセントになった、香ばしくて甘じょっぱいサクサクのかき揚げ。ご飯やお酒が進む一品です。ニンジンの葉がない場合は、三つ葉や春菊でもOK。

材料 ( 2人分 )

  • ニンジン …1/2本(千切り)
  • ニンジンの葉 …1本分(茎から葉を取る)
  • 玉ねぎ …1/2個(スライス)
  • 高野豆腐 …2枚
<戻し汁>
  • ダシ …1/2カップ
  • 甜菜糖 …小さじ1/2
  • 醤油 …小さじ1
<衣>
  • 小麦粉 …1/2カップ
  • 片栗粉 …大さじ2
  • 塩 …ひとつまみ
  • 揚げ油 …適量

作り方

1 高野豆腐を戻す
戻し汁の材料をよく混ぜ、高野豆腐を漬けて軟らかく戻し、軽く絞ってさいの目に切る。
2 材料を混ぜる
ボウルにニンジン、ニンジンの葉、玉ねぎ、1の高野豆腐を入れて軽く混ぜ、衣の材料を加えてよく混ぜる。
3 揚げる
途中で手で握るように混ぜて水分を出し、まとまってきたら180℃に熱した油でキツネ色になるまで揚げる。

Point

  • 片栗粉を混ぜるとサクサクに

    衣は小麦粉に片栗粉を混ぜることで、サクサクとした食感に。小麦粉だけだともっちりとした食感になる。

  • 粉は材料に直にまぶす

    野菜と高野豆腐の水分で良い具合にまとまるため、水溶き粉を作るのではなく、衣の粉は具材に直にまぶしてOK。

  • 高野豆腐は水ではなく、醤油・甜菜糖・ダシを合わせた調味液で戻して使うことで、味のしっかりしたかき揚げに仕上がる。

副菜 memo

さっぱりと食べられる副菜を添えて

揚げ物にはさっぱりとした副菜を添えるとバランスがいい。赤カブのピクルス、インゲンのお浸し、カリフラワーのゴマ和えや、あっさりとしたドレッシングをかけたサラダなどが山戸さんのおすすめ。