今日の晩ごはん

鶏肉とレンコンのみかん煮

調理時間
25分

旬のみかんがフレッシュなソースに変身

表面をパリっと焼き付けたジューシーな鶏肉に、酸味をきかせたみかんソースを煮からめて。隠し味の赤ワインビネガーが料理にほど良いコクを与えます。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏モモ肉 …1枚(250g)
  • レンコン …1/2本(100g)
A
  • 塩、こしょう …少々
  • ニンニク(すりおろし) …1片分
  • 薄力粉 …大さじ1
  • オリーブ油 …大さじ1
B
  • みかんのしぼり汁 …1個分(約100ml)
  • ニンニク(すりおろし) …1/2片分
  • 赤ワインビネガー …大さじ2
  • はちみつ …大さじ1
  • ローズマリー …1本
  • シナモンパウダー …ひとつまみ
  • 水  …100ml

作り方

1 下味をつける
鶏肉は余計な油を取り除き、れんこんとともに食べやすい大きさに切る。Aをもみ込み、薄力粉をまぶす。
2 焼く
フライパンにオリーブ油を熱し、1の表面をこんがりと焼き色が付くまで焼く。
3 煮る
2にBの材料をすべて入れ、一煮立ちしたら弱火にする。蓋をして約8分煮る。
4 仕上げる
鶏肉、レンコン皿に盛る。煮汁は煮詰めてからかける。

Point

  • みかんは煮込んでソースに

    旬のみかんを肉に合わせるソースとして活用。ハーブ、スパイスと一緒に煮詰めて風味豊かに。みかんのかわりに100%オレンジジュースを使っても。

  • 表面をこんがりと焼く

    鶏肉とレンコンや表面しっかりと焼き付けてから煮込む。焼くことで旨味が閉じ込められるので、味がぼやけにくい。表面のカリっとした食感も楽しい。

副菜 memo

ほろ苦い春菊でメリハリを

苦みを利かせた副菜を添えて味わいにメリハリをつける。冬は春菊に柿を合わせたサラダがおすすめ。ドレッシングにも赤ワインビネガーを使うのが中野さん流。

手島渚さんの「腸から身体をととのえる」女性の不調を改善するセルフ腸もみ講座 募集開始 料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 基本から応用まで!今が旬の鮭レシピ