今日の晩ごはん

ラムとナスのトマトシチュー

調理時間
60分(肉を漬け込む時間は除く)

ラム肉を使ったボリューム満点シチュー

スパイスや塩麹で味付けしたラムを煮込んで作るシチュー。ブイヨンを入れなくても素材の旨味だけで美味しく仕上がります。ナスはごろっと大きめに切って存在感を出して。

材料 ( 4人分 )

  • ラム肉(肩またはモモ) …400g
  • 塩麹 …大さじ2
  • ローズマリー、オレガノ …各小さじ1
  • ニンニク …小1片(すりおろし)
  • ナス …3〜4本(約300g)
  • 玉ねぎ …小1個
  • 赤パプリカ …1個
  • ニンジン …1本
  • インゲン …8本
  • カットトマト缶 …1缶
  • 白ワイン …100ml
  • ローリエ …1枚
  • 塩麹 …大さじ1
  • オリーブ油 …適量
  • イタリアンパセリ …適宜

作り方

1 肉に下味を付ける
ラム肉は食べやすい大きさに切ってAをもみ込み、1時間以上置く(時間に余裕があるときはひと晩置いても)。
2 野菜を切る
ナスは大きめの乱切りにし、玉ねぎは薄切りにし、パプリカは千切りにする。ニンジンは1cm厚さの半月切りにする。インゲンは5cm長さに切る。
3 炒める
鍋にオリーブ油を中火で熱し、玉ねぎ、パプリカを透明感が出るまで炒める。ニンジン、インゲンを加えて全体が馴染むまで炒め、ナスを加えてざっとひと混ぜする。
4 煮る
2に1を加えてひと煮立ちしたらアクを除き、弱火で40分〜50分煮る。途中、何度かアクを除き、焦げないように底から混ぜる。味をみて足りないようなら塩麹を足して味を調える。最後にイタリアンパセリを散らす。

Point

  • スパイスでもみ込む

    ラム肉は独特の臭みがあるので、スパイスや塩麹などと一緒にもみ込んで、臭みを取る。また、塩麹はたんぱく質を分解する性質があるので肉が軟らかくなる。

副菜 memo

軽めの副菜を

ボリュームのある主菜なので、もうひと品作るならシンプルなグリーンサラダなどがあれば充分、クスクスやごはんなどを添えても。

壱岐ゆかりさんのフラワーアート講座「フラワータペスリーをつくる」応募受付中! kurashiのマナビ舎vol.03 がま口ポーチ講座 アンケートに答えると特別価格で参加のチャンス!尾田衣子さんの料理教室~GLOBALとGLOBAL-ISTを切り比べられます!~ カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ