今日の晩ごはん

トウモロコシとアサツキのかき揚げ丼

調理時間
30分

サクサク&カリカリ食感がたまらない

トウモロコシが美味しい季節。旬の味をかき揚げにして食べ応えのある丼に。カラリと揚げたかき揚げは、トウモロコシの甘味がたまらない。麺つゆにさっと浸すのがコツ。

材料 ( 2人分 )

  • トウモロコシ(中) …1本
  • アサツキ …適量
  • ご飯 …丼2杯分
  • 葛粉 …大さじ2
  • 小麦粉 …大さじ4
  • 塩 …ひとつまみ
<A>
  • 麺つゆ …大さじ2
  • 水 …大さじ4
  • 揚げ油(サラダ油) …適量

作り方

1 材料を切る
トウモロコシの実を包丁で削ぐ。アサツキはみじん切りにする。
2 衣を用意する
葛粉、小麦粉と塩を混ぜて、大さじ6の水でさらりとした状態までとく。
3 衣をつける
トウモロコシとアサツキをボウルに入れ、2の衣をつける。
4 揚げる
揚げ油をやや高温に熱する。3のタネを木べらの上に平らにのせ、油の中にすべらせるように入れ、カラリとするまで揚げる。
5 仕上げる
Aを合わせ、かき揚げをさっと漬ける。丼にご飯を入れ、かき揚げをのせる。

Point

  • さっと絡めてカラリと揚げる

    衣が多すぎるともったりした食感のかき揚げになる。カラリと揚げるには、適量を素材にさっと絡める程度が◎。

  • かき揚げの衣に葛粉と小麦粉を使用。葛粉を入れることでカリッと仕上がる。また、葛粉は粒子が細かいので素材との絡みがよく、トウモロコシのような小さい素材を使う時に絡めやすくて便利。

副菜 memo

酢の物で酸味をプラス

揚げ物にはさっぱりとした酢の物を合わせると、全体の味のバランスが整う。塩もみした新玉ねぎと、水で戻したわかめを梅酢で軽く和えた「わかめと新玉ねぎの梅酢和え」が今の時期にぴったり。