今日の晩ごはん

春はかに玉

調理時間
30分

ほどよい酢味とふわふわ食感が絶品

しっかり煮詰めて作るあんは、酸っぱすぎず、後味が爽やかなので、ふわふわ卵も飽きることなくいただける。カニ缶は汁ごと使って旨味もたっぷり味わおう。

材料 ( 2人分 )

  • 卵 …4個
  • 長ねぎ(縦半分斜め切りにする) …20cm
  • しいたけ(うす切り) …4枚
  • カニ缶 …1缶
  • 粗塩 …小さじ1/4
  • 酒 …小さじ2
  • オリーブ油 …小さじ1
  • ごま油 …適量
  • みつ葉 …適量(水耕みつ葉なら1/2束2cmに切る)
  • ゆでタケノコ …お好み
<甘酢あん>
  • 砂糖 …大さじ2
  • 酢 …大さじ2
  • 醤油 …大さじ3
  • 片栗粉 …大さじ1
  • ニンニク(薄切り) …4枚
  • ごま油 …小さじ1/4
  • 水 …1カップ

作り方

1 炒める
中火でオリーブ油をしき長ねぎを焦げないように炒め香りを出す。しいたけを入れ、長ねぎがしんなりしたら、塩、酒で味付け、火を止める。
2 卵を合わせる
ボウルに卵を溶いて、1とカニ缶を入れよく混ぜ合わせる。
3 あんを作る
ごま油以外の材料を合わせておいた甘酢あんを、再度混ぜ合わせ火にかけ、たえずかき回し、ゆでタケノコを加え、とろりとしたら更に1分くらい火を通す。色が透明になり、つやが出るのを目安にする。最後にごま油を入れて香りを出す。
4 焼く
フライパンにごま油をしき、中火に近い強火で始め空気を含むようにかき回しながら、さっさと焼く。なるべく焦げ目をが付かないように焼く。皿を使いひっくり返し、3のあんをかけ、最後にみつ葉を盛る。1人分ずつ焼いても良い。

Point

  • あんは絶えずかき回してしっかり煮詰める

    固まらないようにかき回しながら火を入れる。色が透き通ってきてからもしばらく火から離さないで煮詰めると程よい酸っぱさが残る。

  • 旬の野菜をあんに入れて季節を楽しむのが寿松木さんならではのアイデア。今回は春野菜のタケノコを使用。また最後に、みつばをたっぷりのせることで見た目も良く仕上がる。

副菜 memo

かりっと歯応えがある浅漬けが合う

ふんわりしたかに玉なので、間にかりっとした食感の漬け物を添えてリズム良くいただこう。初夏には、キュウリと梅干をめんつゆで和えて仕上げにごまを振った一品がおすすめ。ご飯にかに玉を載せてかに玉丼として頂いても美味しい。