今日の晩ごはん

パクチー餃子

調理時間
30分

定番料理がエスニックに変身

パクチーがたっぷり入った餃子は、一口食べると爽やかな香りとともに、ジュワーっと肉汁が広がる大満足の一品。ナンプラー、スイートチリソースと酢で作る特製ダレにつけてエスニックに召し上がれ。

材料 ( 2人分 )

  • 豚挽肉 …150g
  • キャベツ …150g
  • パクチー …3本(約30g)
  • ニンニク(すりおろし) …小さじ1/2
  • 塩 …小さじ1/4
  • こしょう …少々
  • 醤油 …小さじ1
  • ごま油 …小さじ1
  • オイスターソース …小さじ1/2
  • 餃子の皮 …20枚
  • サラダ油 …大さじ1
  • ナンプラー …大さじ1
  • スイートチリソース …大さじ1
  • 酢 …大さじ1と1/2

作り方

1 下ごしらえ
キャベツはみじん切り。塩ひとつまみ(分量外)で塩もみをし、水分をぎゅっとしっかり絞る。パクチーは葉の部分を手でつまんで水に放ち、水分を切っておく。茎の部分は、みじん切りする。
2 タネを作る
ボールに、豚肉、すりおろしたニンニク、塩、こしょう、醤油、ごま油、オイスターソースを入れ、手でしっかりこねる。全体がなじんだら、キャベツ、パクチーの茎も加え、さらにこねる。
3 焼く
餃子の皮で包み、サラダ油をひいたフライパンで中火で3分間ほど蒸し焼きにする。
4 仕上げる
器に盛り付けたら、ナンプラーとスイートチリソース、酢を合わせたタレと、パクチー(分量外)を添えて出来あがり。

Point

  • キャベツはしっかり水切りする

    しっかり水切りすると、肉と野菜の一体感が増し、肉汁の美味しさをたっぷり味わえるジューシーな餃子に仕上がる。

  • 餃子の皮を包む時に、ひだを少なめにして作るのが村山さん流。タネを入れて半分に折った皮の両端をつまむようにして左右に一つずつひだを作るだけでしっかり密着する。

副菜 memo

優しい味のたまごスープでバランス良い食卓に

パンチの効いた餃子には、優しい味のたまごのスープを合わせるのがおすすめ。鶏ガラスープに長ねぎ、割りほぐした卵をそっと流し入れるだけで手軽に作れるのもポイント。水溶き片栗粉でとろみをつけても美味しい。