今日の晩ごはん

鶏のパリパリ焼きとタケノコのソテー

調理時間
30分

パリパリのコツは焼き方にあり

皮はパリパリ、中はジューシー! 鶏もも肉の旨味を最大限に引き出すコツは、焼き方にありました。タケノコの香ばしいソテーを添えて召し上がれ。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …1枚
  • 塩 …小さじ1/2
  • 茹でタケノコ …1/2本
  • バター …大さじ1
  • 醤油 …少々

作り方

1 下ごしらえをする
鶏もも肉は余分な脂肪を切り取り、塩小さじ1/2をふり、冷蔵庫で20~30分おく。
2 鶏肉を焼く
鶏もも肉を冷蔵庫から出し、表面に出てきた水分をふき取る。さらに皮目に軽く塩をして、熱したフライパンに皮目を下にして置く。ルクルーゼのフタなど重みのある耐熱性のものを上にのせ、25分ほど弱火でじっくり焼く。
3 裏面を焼く
皮目によい焼き色が付きぱりぱりになったら、ひっくり返して、中火で1~2分焼く。火が通ったら皿に盛る。
4 タケノコを焼く
3のフライパンにバターを加え、食べやすい大きさに切ったタケノコをソテーする。醤油を少々ふり、鶏もも肉と一緒に盛りつけて完成。

Point

  • 重い鍋蓋を利用して皮をパリパリに!

    鶏もも肉を焼く際皮目を下にして、上からルクルーゼなどの重い鍋蓋を置く。こうすることで重しの役割となり、皮が均等にパリパリになる。焦がさないように弱火でじっくり焼こう。

  • 鶏肉の味付けはシンプルに塩だけ。だから塩を使い分けてバリエーションを楽しんで。濱田さんのおすすめは、出身地広島の瀬戸内海で作られた藻塩(写真右)とモンゴル産の岩塩(写真左)。

副菜 memo

インゲンなど野菜の和え物と一緒に

鶏肉の旨味をストレートに味わう一品には、やはり野菜が欲しくなる。インゲンのマスタードマヨ和えなど、さっぱりしつつ味わい深い副菜がおすすめ。同じお皿に持ってワンプレートにしても◎。