今日の晩ごはん

キャベツと桜エビのかき揚げ

調理時間
15分

甘み際立つ春キャベツが絶品

なんとなく捨ててしまいがちなキャベツの芯も大活躍! 軽やかな食感と春キャベツならではの甘み、桜エビの香味が、この上なく春の気分。はらりと塩をふってどうぞ。

材料 ( 2人分 )

  • 春キャベツ …芯適宜・葉約1/8個分
  • 素干し桜エビ …15g
  • 塩 …小さじ1/4
  • 揚げ油 …適量
<A>
  • 小麦粉 …60~70g
  • 塩 …ふたつまみ
  • 水 …1/2カップ
  • 氷 …1個

作り方

1 下ごしらえ
キャベツの芯は粗めに刻み、葉は太めの千切りにし、塩で揉んで水気を絞る。
2 混ぜる
ボウルにキャベツ、桜エビ、Aを加え、氷が溶けたら、全体がまとまる程度に混ぜ合わせる。
3 油で揚げる
フライパンに油を熱し、菜箸を入れて先から泡が出るようになったら、2をスプーンでまとめながら落とし入れ、からっと揚げる(約2~3分)。器に盛り、塩少々(分量外)、お好みでレモンを添える。

Point

  • 衣に氷を1個入れるとカラリと仕上がる

    衣に氷を1個入れておくと、小麦粉の粘りが抑えられ、カラリと仕上がりやすくなる。キャベツは事前に軽く塩揉みをして、水分を少し抜いておくのもポイント。

  • 春キャベツの芯は甘くて栄養もたっぷり。捨てずに使うのが藤岡家の定番。刻んでスープに入れるほか、かき揚げに使えば、ほっくり甘くてとっても美味。塩とレモンで食べると美味しさが引き立つ。

副菜 memo

酸味のある和え物を

口の中をさっぱりさせる酢の物を合わせたい。たけのこの水煮やさっと茹でたスナップエンドウとわかめをポン酢や酢醤油、ごま油で和えてごまを散らすなど、事前に手早く作っておける副菜がオススメ。