今日の晩ごはん

ホッケフライ ディルソース添え

調理時間
25分

ホッケと爽やかにディルのバランスが絶妙

あらかじめ味が決まっている干物を使えば、あとから味つけする手間が省けて調理が楽。ディルソースを合わせてさっぱりと、香りよく仕上げます。

材料 ( 2人分 )

  • ホッケの干物 …1枚
A
  • ディル …4~5枝
  • マヨネーズ …大さじ2
  • ヨーグルト …大さじ3
  • 赤玉ねぎ …大さじ4(みじん切り)
  • レモン汁 …小さじ1
  • 粗挽き黒こしょう …少々
  • レモン …1/4個
  • 粗挽き黒こしょう …少々
  • 小麦粉 …適量
  • 溶き卵 …1個分
  • パン粉 …適量
  • 揚げ油 …適量

作り方

1 下ごしらえをする
ホッケは頭とひれ、中骨や腹骨をすきとり、食べやすい大きさに切り分ける。
2 ソースを作る
ディルは細かく刻む。ボウルにAの材料をすべて入れて混ぜ合わせる。レモンは半分に切る。
3 衣をつける
1にこしょうを振り、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。
4 揚げる
揚げ油を180℃(中温)に熱し、3をカラリと揚げる。皿に盛り、ソースとレモンを添える。

Point

  • ディルを使う

    爽やかな香りが特徴のディルをマヨネーズに合わせて、ホッケを洋風な一品に。茎から葉だけを摘んで使うとやさしい口当たりになり、より食べやすい。

  • 先に中骨を切り離す

    ホッケは3枚おろしの要領で中骨を切り離してから細かな骨を取り除き、切り分ける。骨は素揚げするとせんべい風のつまみになるので余すことなく活用を。

副菜 memo

スパイスで新鮮な味わいに

フライには定番のキャベツを添えるのがおすすめ。食べやすい大きさに切ったキャベツをピクルス液に漬けてクミンシードで香りをつければ味に変化がついて食べ飽きない。