今日の晩ごはん

牛肉と玉ねぎのオイスター炒め

調理時間
10分

10分以下で完成! 玉ねぎの存在感が魅力

フライパンの中で直接下味を付けて、スピーディーに。玉ねぎは最初に蒸し焼きにすると甘さが引き立ちます。仕上げは強めの火でさっと炒めて。

材料 ( 2人分 )

  • 牛切り落とし肉 …150g
  • 酒 …大さじ1
  • 醤油 …大さじ1/2
  • 片栗粉 …小さじ1
  • 玉ねぎ …中1個
  • ごま油 …大さじ1/2
  • オイスタソース …大さじ2/3
  • 酒 …大さじ1
  • 砂糖 …小さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
玉ねぎは十字に4等分に切ってから、食べやすいように手ではがしておく。
2 蒸し焼きにする
冷たいフライパンの中に牛肉を入れ、Aを加えて手でしっかりもみ込む。1を加えてざっくりと混ぜ、ごま油を回しかけて蓋をし弱めの中火で3分蒸し焼きにする。
3 仕上げる
蓋を取り、火を少し強くして混ぜながら炒める。牛肉の色が完全に変わったら、Bを順に加えて手早く炒め合わせる。

Point

  • 玉ねぎは手ではがす

    玉ねぎは4等分に切ってから、食べやすい厚さに手ではがすようにする。適度に玉ねぎの存在感が出るので、2種類の食材でも満足度の高い炒めものに。

  • フライパンで下味をつける

    ボウルやポリ袋に入れて調味料をもみ込まず、フライパンで直接下味をつけて段取りよく。片栗粉を加えておくと味が馴染みやすくなる。

副菜 memo

さっぱりと酢の利いたものを

オイスターソースでしっかりと味付けした主菜には、軽やかな副菜が相性抜群。トマトともずくの甘酢和えなど酸味の利いたものを添えて。

料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ