今日の晩ごはん

3色ナムル

調理時間
20分

夜遅く帰っても、野菜でさっと作れる!

水曜日は、仕事で頑張った日の”夜遅ごはん”を提案。野菜を使って短時間で作れる3色ナムルは、栄養バランスがいいだけでなくビールのおともにも重宝します!

材料 ( 作りやすい量 )

[ニンジンナムル]
  • ニンジン …1本
  • 塩 …少々
  • 炒りごま、ごま油 …小さじ1
[ゴーヤのナムル]
  • ゴーヤ …1/2本
  • 塩 …少々
(A)
  • 砂糖 …小さじ1
  • 酢 …大さじ1
  • 醤油、ごま油 …各少々
  • 炒りごま …小さじ1
  • 塩 …適宜
[プチトマトのナムル]
  • プチトマト …12個
B
  • ショウガ(すりおろし)、すりごま、酢 …各小さじ1
  • 醤油 …小さじ1/2
  • ごま油 …小さじ1
  • 塩 …適宜

作り方

1 ニンジンナムルを作る
人参は斜め切りにしてから細切りにする。フライパンに油を熱し、中火で1を炒める。しんなりし、オレンジの色味が少し黄色を帯びてきたら、味見をし、十分に甘みが出ていたら塩をほんの少し振り、炒りごまを加え合わせる。(炒め始めに味見をすると、違いがわかりやすい。)
2 ゴーヤナムルを作る
ゴーヤは縦半分に切ってわたを取り、5ミリ位の幅に切り、ボウルに入れる。塩をまぶして10分ほどおく。別のボウルに軽く水気をしぼった3を入れ、Aを順番に加え、手で和える。足りなければ、塩で味を調える。
3 プチトマトのナムルを作る
ボウルにへたを取り半分に切ったプチトマトを入れ、Bを順番に加えて手で和える。足りなければ塩で味を調える。

Point

  • ニンジンはしっかり炒めて甘みを引き出す

    千切りにしたニンジンは、塩は振らず、最初にじっくり炒めて甘みを引き出した後で塩を振るとよい。

  • ゴーヤは手で混ぜ、味をなじませる

    ゴーヤを混ぜる時は手を使うと、しっかり味がなじみ、美味しいナムルに仕上げることができる。

  • 不揃いのニンジンでOK

    「ニンジンの細切りは気楽に。不揃いくらいが丁度いいんです」と中山さん。不均一なことで、食感の違いが楽しめ、ニンジン本来の甘みや旨味も口の中に広がる美味しいナムルに仕上がる。

副菜 memo

ぜひ作ってほしい“ナンプラー納豆丼”

中山さんが「3色ナムルと一緒に食べてほしい!」とおすすめするのが”ナンプラー納豆丼”。発酵食品のナンプラーは納豆と相性がよく、アボカドなどを加えたら、お酒を飲んだ後の〆のひと品としてもバッチリ!

料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ