今日の晩ごはん

サバのコチュジャン煮つけ

調理時間
20分

甘辛タレがサバの旨味を引き立てる

脂がのっている旬のサンマや、イワシでもアレンジ可能なコチュジャン煮つけ。お手製落とし蓋でサバにしっかりと煮汁を染み込ませて。

材料 ( 2人分 )

  • サバ(2枚おろし) …1尾
  • ニンニク …1片
  • 赤唐辛子 …1本
<煮汁>
  • 酒、みりん …各2/3カップ
  • 砂糖 …大さじ2
  • コチュジャン …大さじ2
  • 味噌 …大さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
サバは半身を3等分に切る。ニンニクは皮をむいて包丁の腹でつぶす。
2 サバを入れる
煮汁の材料とニンニクと唐辛子を鍋に入れて煮立て、1のサバを並べる。
3 煮る
鍋に落とし蓋(キッチンペーパーまたはアルミホイル)をしてから蓋をして、弱火で10~15分煮る。
4 仕上げる
蓋と落とし蓋を取り、弱め中火で煮汁が半量になるまで煮詰める。

Point

  • 落とし蓋をする

    鍋の大きさに切り、真ん中に穴を空けたキッチンペーパーを、落とし蓋にして使うと味がより染み込む。

  • 甘辛味にすると、よりご飯が進むので、味噌とコチュジャンを合わせて使う。また、コチュジャンの辛みでサバ特有の生臭さをカバーできる。「水あめ不使用のものがおすすめです」とみなくちさん。

副菜 memo

煮ている間に作れる一品を

こってりとした主菜には、さっぱりしたもの合わせれば食べ飽きない。千切りにしたキャベツとショウガに、塩、酢、ナンプラー、ごま油を和えたナムルがおすすめ。煮ている間に作れるものならば段取りも楽。