今日の晩ごはん

メカジキとカマンベールの春巻き

調理時間
30分

事前加熱不要&短時間で揚げられる

具がこぼれたり、皮が破れたりといった失敗がない春巻きはクイックメニュー。揚げ物=面倒と決めつけず、日々の献立に取り入れて。大葉でさっぱり味に。

材料 ( 2人分 | 6本 )

  • メカジキ …100g(約2切れ)
  • カマンベールチーズ …100g
  • 大葉 …12枚
  • 春巻きの皮 …6枚
  • 塩、黒こしょう …各適量
  • 揚げ油 …適量
  • レモン、からし菜 …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
メカジキは1cm角の棒状に切る。塩を振って10分ぐらいおいてから、キッチンペーパーでしっかりと水気をふき取る。カマンベールは6等分になるよう適当な大きさに切る。
2 春巻きを巻く
春巻きの皮に、大葉2枚、1の1/6量をのせ、軽く塩、こしょうを振って巻く。巻き終わりを水溶き小麦粉(分量外)でしっかりと留め、残りも同様に巻く。
3 揚げる
中温~高温(170℃~180℃)の油で、2をきつね色になるまで揚げる。油を切り、器に盛って、好みでレモンとからし菜を添える。

Point

  • 水分をしっかりとふき取る

    メカジキは塩を振った後に出てくる水分をキッチンペーパーでしっかりとふき取り、生臭さを取る。

  • 中華料理の本格春巻きのように餡を作るのは手間がかかるので、事前加熱する必要がない食材を使って手軽に春巻きを楽しむ。メカジキは火が通りやすいように、棒状に切るのがポイント。

副菜 memo

ほど良い酸味で夏らしい献立に

揚げ物には、さっぱりとしたものが合う。赤城さんは、ほどよい酸味で漬け汁まで美味しく飲み干せるトマトのピクルスを添えることが多いそう。「スパイスは黒こしょうのみで食べやすい味に仕上げます」