今日の晩ごはん

軟骨入り鶏バーグ 焼き野菜を添えて

調理時間
20分

この歯ごたえがたまらない!

鶏挽肉の旨味を香味野菜が引き立てて、あっさりとした味わい。コリコリとした食感が楽しくて、ついもう一個と箸がのびる。ご飯のおかずにはもちろん、お酒のおつまみにもぴったり。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏挽肉 …300g
  • 鶏の軟骨 …200g
  • 玉ねぎ(みじん切り) …50g
  • ショウガ(すりおろし) …小さじ1
  • パセリ(刻む) …適量
  • 塩 …小さじ1/4
  • こしょう …少々
  • オリーブ油 …小さじ2
  • 白ワイン …大さじ1
  • ミニトマト …4個
  • 酒 …小さじ2
  • 醤油 …大さじ1
  • クレソン …2本

作り方

1 軟骨を細かくする
フードプロセッサーに鶏の軟骨を入れ、なめらかになるまで細かく砕く。
2 こねる
ボウルに鶏挽肉、1の軟骨、玉ねぎ、ショウガ、パセリ、塩、こしょうを入れよくこねる。
3 焼く
フライパンに油を熱し、丸めた2を並べる。きつね色になったら裏返し、白ワインを振り、蓋をして蒸し焼きにする。
4 タレを作る
蓋を取り、水分が飛んだらトマトを入れ、焼き色が付くまで焼いて取り出す。そのままのフライパンに酒を入れ、アルコール分を飛ばし、醤油を入れてひと煮立ちさせ、醤油ダレを作る。
5 盛りつける
器にハンバーグと焼きトマト、クレソンを添え、醤油ダレをかける。

Point

  • 軟骨は細かく砕く

    軟骨は細かく砕くと、食べやすくなり、肉ダネもまとまりやすくなる。フードプロセッサーで砕くか、なければ包丁で細かく刻めばOK。

  • ハンバーグには軟骨を入れて食感を楽しめるように。カルシウムやコラーゲンが豊富な軟骨は、唐揚げやコトコト煮込んでスープにしたり、細かく砕いて肉団子やつくねの中に入れれば、子ども達にも人気の一品に。

副菜 memo

野菜たっぷりのスープを添えて

肉料理には、野菜たっぷりのスープを添えてバランス良く。ニンジン、玉ねぎ、ブロッコリー、レンコン、大根、豆など、冷蔵庫にある野菜で作る、あっさりとしたコンソメベースのスープがおすすめです。