今日の晩ごはん

秋鮭のリエット/いろいろきのこのマリネ レモンとハーブの香り

調理時間
30分

時間がある時に作っておきたいお助けディップ

1週間頑張ったご褒美に、ワインと一緒にちょっぴりリッチに楽しみたいメニュー。食材が余ってしまった時などに作っておけば、時間がない時にも活躍してくれる。

材料 ( 作りやすい量 )

[秋鮭のリエット]
  • 生鮭(塩鮭でないもの) …2切れ(約200g)
  • 玉ねぎ …1/4個
  • ジャガイモ …中1個
  • サワークリーム …60ml
  • バター …小さじ1
  • 白ワイン …大さじ1
  • 塩 …適量
  • 白こしょう …少々
[いろいろきのこのマリネ]
  • きのこ(いろいろな種類があると良い) …2パック分
  • レモン …スライス1/4個分
  • タイム …2枝
  • オリーブ油 …50ml
  • 塩 …適量

作り方

1 リエットを作る(1)
秋鮭の切り身は塩をして余分な水分を取り除き、フライパンにバターをひいてソテーし、白ワインで香り付けする。一度取り出し、身をほぐし、骨と皮を取り除く。
2 リエットを作る(2)
玉ねぎを粗みじんに切り、同じフライパンで炒める。火が通ったら、1と合わせてミキサーにかけてなめらかにする。
3 リエットを作る(3)
ジャガイモは塩ゆでし、潰してなめらかなマッシュポテトにする。
4 リエットを作る(4)
2に3を加えて混ぜ合わせ、粗熱を取る。サワークリーム、こしょうを加えて味を調える。
※きちんと密閉すれば、冷蔵庫で2~3日は保存可能。
5 マリネを作る(1)
きのこ類は汚れを取り除き、軽くほぐす。
6 マリネを作る(2)
強めの塩(パスタをゆでるくらい)を入れ沸騰させた湯で5を10秒くらいさっとゆでる。ペーパータオルでよく水気をとる。
7 マリネを作る(3)
オリーブ油にスライスしたレモンとハーブを入れ、70℃まで温める。6を熱いうちに入れ、すぐ火を止めて、密閉容器に入れて保存する。
※きちんと密閉すれば、冷蔵庫で3~4日は保存可能。

Point

  • 冷凍した鮭を使ってもOK

    鮭が余った時に、ソテーしたものをほぐして冷凍しておくと、調理の手間が省けてさらに手軽に作れる。ほぐした状態で150g使用する。

  • きのこは数種類をミックスして

    きのこは数種類をミックスするほうが美味しく仕上がる。ヌメリのあるものは避ける。

  • きのこのマリネで残ったオイルには、きのこの旨味やハーブの香りが残っているので、炒め油やドレッシングに活用して、美味しく使い切ろう。

副菜 memo

秋のフルーツを合わせて旬を満喫

メインに秋の食材(鮭ときのこ)を使うため、付け合せにもりんごや柿など秋のフルーツ入りのサラダを合わせて。秋の果実の優しい甘みはルッコラやベビーリーフとも相性がいいので爽やかなサラダと共に旬を楽しんで。