今日の晩ごはん

ショウガ焼き リンゴ風味

調理時間
15分(常温に戻す時間を除く)

定番のショウガ焼きをグレードアップ!

厚切りの豚ロース肉を使ってごちそう感のあるショウガ焼きに。下ごしらえで豚肉を軟らかくするリンゴとショウガのすりおろしは、酒や醤油を加え炒めると、豚肉によく合う甘酸っぱいタレになります。

材料 ( 2人分 )

  • 厚切り豚ロース肉 …2枚
  • リンゴ(できれば紅玉など酸味があるもの) …1個
  • ショウガ …1片
  • 塩 …小さじ1/2
  • こしょう …少々
  • オリーブ油 …大さじ1
  • 酒 …大さじ1
  • 醤油 …小さじ1
  • レタス …お好みの量

作り方

1 下準備をする
リンゴはよく洗い、芯と種を取り除いて皮ごとすりおろす。ショウガは皮をむき、すりおろす。豚肉は脂身の部分に何ヵ所か切れ目を入れ、筋を切り、塩をまぶし、こしょうを挽く。リンゴとショウガを混ぜ合わせたものを豚肉にまんべんなくまぶし、常温で30分ほどおいてなじませておく。レタスはよく洗って水気をきり、手で食べやすい大きさにちぎっておく。
2 豚肉を焼く
1の豚肉を漬けダレから取り出して水気をふきとる。フライパンに油をしいて中火にかけ、温まったら豚肉を入れて焼き、両面に焼き目がついたらレタスをのせた皿に盛り付ける。
3 タレを作る
豚肉を取り出したフライパンは洗わず、そこに肉の漬けダレと酒、醤油を入れて中火にかけ、とろみがつくまでへらでかき混ぜながら加熱する。味見をして足りなければ塩少々(分量外)で味をを調えて火からおろし、豚肉にかける。

Point

  • 肉汁もタレにいかして

    リンゴとショウガのすりおろしでタレを作る際は、豚肉を焼いたフライパンをそのまま使い、残った肉汁も活かすとコクが増す。

  • 豚肉にリンゴとショウガのすりおろしをなじませておくと、果物の酵素で肉のたんぱく質が分解され、肉が軟らかくジューシーに仕上がる。前日に漬けておいてもいい。夏ならリンゴの代わりにパイナップルを使うのもおすすめ。

副菜 memo

ご飯と味噌汁で定食に

ショウガ焼きは甘酸っぱいタレでご飯によく合う味わい。1品で食べごたえもあるので、あとは野菜をたっぷり入れた具だくさんの味噌汁とご飯を用意して、定食風の晩ごはんに。