今日の晩ごはん

沖縄風きのこそば

調理時間
20分(昆布を浸す時間を除く)

異国情緒あふれる甘いスープに夢中

モツの独特の食感ときのこの旨味、コクのある黒糖が合わさり、あとをひく美味しさに。仕上げにのせる紫玉ねぎがアクセント。ダシを普段より濃い目に取ると味が引き締まります。

材料 ( 2人分 )

  • 中華麺 …2玉
  • 豚のモツ …100g※下処理済みのもの
  • シメジ …1/2株
  • えのき …1/2株
  • しいたけ …2個
<ダシ汁>
  • 昆布 …5cm
  • かつお節 …60g
  • 水 …1,500ml
  • 黒糖 …ひとかけら(約15g)
  • 塩 …適量
  • 紫玉ねぎ …適量

作り方

1 ダシを取る
鍋に水を入れ、昆布を浸し3時間以上おく。鍋に火をかけて沸騰したら火を弱め、かつお節を入れて約5分煮る。ざるに布またはキッチンペーパーを敷いてかつお節をこす。かつお節も、ぎゅっと絞る。
2 きのこを切る
きのこ類は石づきを切り落とす。しいたけの軸部分は割いて、かさに十字の切り込みを入れる。
3 スープを作る
鍋に1を移して黒糖を加え、火にかける。黒糖が溶けたら塩で味を調え、豚モツ、きのこ類を加えて煮立たせる。
4 麺をゆでる
別の鍋にたっぷりの湯を沸かし、麺を表示通りにゆでる。湯を切って器に盛り、3を適量注ぐ。薄切りにした紫玉ねぎをのせる。

Point

  • 異なる旨味を合わせる

    豚モツときのこをダシと一緒に煮て三者三様の旨味を合わせて味に深みを出す。きのこは複数の種類を使うとより旨味が強くなる。ダシは時間がないときは市販のものを使ってもOK。

  • 黒砂糖を加える

    西野さんが沖縄で出会った豚モツと黒砂糖の組み合わせ。コクのある甘みがプラスされ、麺とのなじみも良くなる。普段のダシ汁がほんのり異国情緒あふれる味に様変わり。

副菜 memo

甘みを引き立てる副菜を

スープの優しい甘みを引き立ててくれる、ほろ苦いまたは酸っぱい副菜を合わせる。春菊のお浸しや、山椒や黒こしょうを効かせた焼き長ねぎのマリネなどがおすすめ。