今日の晩ごはん

タケノコと新玉ねぎ、鶏もも肉の粒マスタードクリーム煮

調理時間
40分

程良く利かせた粒マスタードの酸味がアクセント

旬のタケノコは味、食感ともに格別。玉ねぎ、鶏肉と一緒にさっぱりとしたクリーム煮に。鶏肉は、バターで焼いてから煮ると旨味が倍増! ジューシーに仕上がる。

材料 ( 2人分 )

  • タケノコ(またはゆでタケノコ) …小1本(120g)
  • 新玉ねぎ …1/2個
  • 鶏もも肉 …1枚
<A>
  • 小麦粉 …大さじ1
  • 塩、こしょう …各少々
  • バター …15g
  • 白ワイン …1/3カップ
<B>
  • 生クリーム …1/2カップ
  • 粒マスタード …大さじ1/2
  • 塩 …小さじ1/3
  • こしょう …少々

作り方

1 下ごしらえをする
タケノコは乱切りにする。ゆでていない場合は、半分に切ってざっと皮をむき、鍋に洗っていない状態の米ひとつかみ(分量外)と、水5~6カップを入れて竹串がすっと通るまで20~30分煮てから、乱切りにする。玉ねぎは1㎝厚さのくし形に切ってほぐす。鶏肉は大きめの一口大に切る。
2 鶏肉を焼く
焼く直前に鶏肉に<A>をまぶし、バターを溶かしたフライパンに並べ、焦がさないように4~5分弱めの中火で上下を返しながら焼く。
3 煮る
2に1を入れて1~2分炒め合わせ、白ワインを注ぎ、水分が半分ぐらいになるまで2~3分煮詰める。
4 仕上げる
<B>を入れて少しとろみがつくまで2分程煮る。

Point

  • 焼く直前に粉をまぶす

    春のクリーム煮はさらっとした口当たりに仕上げたいので、ホワイトソースは作らず肉に粉を直接まぶす。時間が経つとベタベタになるので、必ず焼く直前に。

  • 旬のタケノコは家でゆでると抜群に美味しい。鍋に米ひとつかみ入れてゆでると、米ぬかを使わずとも手軽に食べられるのでぜひお試しを。一緒にゆでた米はおかゆとして味わえる。

副菜 memo

季節感のある献立に

えぐみが少なく、甘みが強い春ニンジンを使って、副菜にも季節感を出す。ピーラーでリボン状にし、ツナ缶、ワインビネガー、塩、こしょうで和えたサラダはいかが? ツナの旨味を吸ったニンジンはさらに美味。