今日の晩ごはん

ヘルシーチキン南蛮サラダ

調理時間
20分

肉も野菜もたっぷり摂りたい時に

パリッと焼いたチキンをたっぷり野菜と一緒に頬張ると、口の中で甘酢の風味が広がります。ミョウガと大葉が清涼感をプラス。おかずになるサラダで今夜はヘルシーに!

材料 ( 4人分 )

  • 鶏もも肉 …1枚
  • 塩 …適量
  • レタス …1/2玉
  • ミョウガ …3個
  • 大葉 …10枚
  • カイワレ …1/2パック
<A>
  • 醤油・砂糖・酢・オリーブオイル …各大さじ1.5
  • マヨネーズ …適量
  • からし …適量

作り方

1 下ごしらえをする
レタス、ミョウガ、大葉は全て千切りし、カイワレと共に氷水に30分ほどさらして水気をよく切っておく。鶏もも肉は両面に塩を振って10分以上置いておく。
2 焼く
1の鶏もも肉から出た水分をペーパーで拭き取り、少量の油を敷いたフライパンに皮目から入れて重しをして火にかけ、4~5分焼く。重しを外して、7割方火が通るまでさらに2~3分焼き、裏返して残りの3割を3分程度かけて焼く。
3 南蛮漬けにする
Aを合わせたドレッシングに、2の鶏肉の皮目ではない方を1分以上漬けてから取り出し一口大に切る。
4 仕上げる
3の残りのドレッシングと1の野菜を混ぜ合わせて、鶏肉と一緒に器に盛り、マヨネーズとからしを混ぜ合わせたものをかける。

Point

  • 野菜の水気をしっかり切る

    野菜は氷水にさらしてシャキッとさせた後、ペーパーやサラダスピナーなどでしっかりと水気を切る。このひと手間でサラダの味が断然変わる。

  • 鶏肉は重しをして焼く

    鶏肉の皮目をフライパンで焼く際、上に重しをすると皮がパリパリになる。鶏肉の上にホイル、耐熱皿、重さのある耐熱容器などをのせて。

  • サラダは木のボウルに入れるのが遠藤さん流。ドレッシングの油分を木が吸って、艶やかになるとか。「このボウルは木工作家の須田次郎さんの作品で、我が家で大活躍しています」。

副菜 memo

ポタージュスープを一緒に

ボリュームのあるサラダなので、副菜にスープがあればそれだけで大満足。空豆やアスパラなどの旬の野菜をポタージュスープにしてヘルシーだけど満腹感のある晩ごはんに。