今日の晩ごはん

とうもろこしの芋もち

調理時間
40分

子どもから大人までみんな大好きな味

ジャガイモのモチモチ感と、とうもろこしのプチプチ感が口の中で楽しく共演。砂糖醤油をつけて子どもも嬉しい味付けに。

材料 ( 2人分 )

  • ジャガイモ …400g
  • とうもろこし …1本
  • 豆乳(なければ牛乳) …大さじ1~2
  • 塩 …小さじ1/2
  • 水 …小さじ2
  • 片栗粉 …38g(ゆでたジャガイモの重量の10%目安)
  • バター …15g
  • 醤油 …大さじ1
  • きび砂糖 …小さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
ジャガイモは皮つきのまま、竹串がスっと通るまで、水からゆでる。とうもろこしは皮をむき、熱湯で3~4分ゆでる塩と水で塩水をつくり、ゆでたとうもろこしにまぶす。醤油ときび砂糖は合わせておく。
2 タネをつくる
ゆでたジャガイモは熱いうちに皮をむき、潰して片栗粉を混ぜ合わせる。手でまとめやすいよう、豆乳を加えて固さを調節する。とうもろこしは粒を包丁でとり、ジャガイモと合わせる。厚さ1~2cm程度の小判型に成型する。
3 焼く
フライパンにバターを入れ、弱火にかけてバターがとけたら、タネを両面、きれいな焼き色がつくまで、蓋をしてじっくり焼く。
4 仕上げる
器に盛り、砂糖醤油を添える。

Point

  • ジャガイモは熱いうちに潰す

    ジャガイモは熱いうちに皮をむき、つぶすこと。熱いうちの方が、片栗粉となじみやすく、成型しやすくなる。

  • 砂糖醤油につけて食べることで、お酒のおつまみはもちろん、子どもも嬉しいご飯が進む味に。

副菜 memo

冷やしトマトをダシにつけて

主菜がややこってりとした味わいなので、冷たいトマトでさっぱりと。彩りもきれいに。湯むきして、市販の白ダシにつけておいたトマトに鰹節をのせて。