今日の晩ごはん

乳酸キャベツと白身魚のこしょう蒸し

調理時間
25分

乳酸キャベツと一緒に蒸せば、魚がふっくら軟らか

味付けは塩、こしょうのみとシンプルながら深みのある味になるのは、乳酸キャベツと一緒に蒸すからこそ。わずか10分で仕込めるお手軽保存食なので是非試してみて。

材料 ( 2人分 )

  • 白身魚(メカジキなど)の切り身 …2枚
  • 乳酸キャベツ …2~3カップ
  • 塩、こしょう …各適量
  • 片栗粉 …適量
<A>
  • 酒、水 …各大さじ2
  • 乳酸キャベツの漬け汁 …大さじ1
  • ごま油 …大さじ1
  • 大葉 …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
白身魚は酒適量(分量外)に10分つけ、水気をふいて塩、こしょうを振り、片栗粉をまぶし、余分な粉をはたく。
2 焼く
フライパンに乳酸キャベツをしき<A>をかけて、1をのせる。蓋をして中弱火で火が通るまで蒸し焼きにする。
3 仕上げる
器に盛り、好みで刻んだ大葉を散らす。
〈乳酸キャベツの作り方〉
キャベツ1個を太めの千切りにし、保存袋に入れて塩小さじ4(キャベツの重量の2%程度)をもみこむ。
キャベツがしんなりしてきたら砂糖小さじ1/2を加えてさらにもみこむ。好みで唐辛子などを入れる。
室温で3日程度置き(夏場は半日程度)、味見をし、酸味が出て来たら保存瓶に移し替えて冷蔵庫に移す。

Point

  • キャベツの上に魚をのせる

    フライパンいっぱいに乳酸キャベツをしいて、その上に片栗粉をまぶした白身魚をのせる。キャベツの旨味が染み出た蒸気で、魚をやさしく蒸す。

  • フライパンに乳酸キャベツをしいて、一緒に蒸し焼きにすることで淡白な白身魚が深みのある味に仕上がる。植物性乳酸菌が豊富に含まれているので、整腸作用が高く、ダイエット効果も。

副菜 memo

ダシを丁寧にとった
味噌汁を

野菜とタンパク質がバランスよく摂れる主菜には、汁物で満足感をプラス。発酵食である味噌にはさまざまな栄養が含まれているので、無理に具を入れなくてもOK。暑い夏こそ温かい汁物を飲んで、胃をいたわって。