今日の晩ごはん

根菜ときのこの黒酢煮

調理時間
30分

旬の野菜を甘酸っぱくやさしい味に

黒酢のコクと甘みに、シメジの豊かな旨味が溶け合った、冷めても美味しい煮物。翌日はバジルと一緒にパンにはさんで、洋風おかずにアレンジしても。新しい味わいが広がります。

材料 ( 2人分 )

  • ゴボウ …1本
  • レンコン …150g
  • シメジ …100g
<A>
  • 醤油 …大さじ2
  • 黒酢 …大さじ1
  • 塩 …ひとつまみ
  • ごま油 …適量
  • バジル …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
ゴボウとレンコンは皮のまま食べやすい大きさに乱切りにし、シメジは石づきを切り落としてほぐす。
2 煮る
厚手の鍋にゴボウ、かぶるくらいの水を入れて上からシメジを重ねて塩を振る。油を回しかけて蓋をし、中火にかける。
3 仕上げる
煮立ったら弱火にしてさらに5分煮る。上からレンコンをのせて蓋をし、10分煮る。Aを加えてへらで鍋の中を上下返してなじませ、中火で5分煮つめる。皿に盛り、好みでバジルを添える。

Point

  • 蓋をするようにシメジをのせる

    鍋にゴボウを入れたら、その上にシメジをまんべんなくのせる。シメジで蓋がされて蒸気がこもり、旨味が全体に染み渡る。小さめの鍋で調理するのがおすすめ。

副菜 memo

味、彩りともにアクセントになるものを

彩りが地味な主菜のときには、ゆでたブロッコリーや青菜のお浸しを添えて華やかさを。主菜は根菜メインなので、副菜は地上に育つ野菜を合わせるとバランスが取れる。