今日の晩ごはん

アボカドとソーセージのチーズココット

調理時間
20分

好物ばかり合わせたごちそうココット

高橋さんの大好物のアボカドにチーズとウィンナーを合わせて、トースターで焼いただけのお手軽な一品。フレッシュパセリをたっぷりと使って香り高く仕上げて。

材料 ( 2人分 )

  • アボカド(固めのもの) …1個
  • ソーセージ …4~6本(約80g)
  • レモン …1/4個
  • パン粉 …大さじ2
  • オリーブ油 …小さじ2
<A>
  • ナチュラルチーズ …80~100g
  • ニンニク(みじん切り) …1片分
  • パセリ …適量
  • ケチャップ …大さじ3
  • 醤油 …小さじ1/2
  • 粗びき黒こしょう …適量

作り方

1 食材を切る
アボカドは縦に包丁を入れ、ぐるりと一周させ半分にする。包丁のあごを種に突き刺し、くるりと回し種を取り除く。先端から身を傷つけないように皮をむき、2~3cm幅の角切りにする。ソーセージは1cm幅の斜め切りに、パセリは粗めのみじん切りにする。
2 ココットに盛り付ける
ボールに1、Aを入れ、アボカドを崩さないようさっくりと混ぜ合わせる。一番上にチーズがくるように耐熱皿にバランスよく盛り付け、パン粉、ブラックペッパーを振る。
3 焼いて仕上げる
オーブントースターで約10~12分、しっかりと焼き目が付くまで加熱する。取り出して油、レモンを回しかける。

Point

  • アボカドは大きめに切る

    アボカドが主役の料理なので、ゴロゴロと少し大きめに切る。存在感が出てより楽しめる。

  • アボカドはクセのない食材なので、乾燥タイプのものではなく、香りが高いフレッシュなパセリを使用して、仕上げのレモンで味をしっかりと際立たせてあげるのがポイント。

副菜 memo

香り高いもの同士を合わせる

パセリを使った主菜に、副菜にはセロリと桜えびなど香りに特徴のあるものを合わせるとお互いの味がたって美味しくなる。これらをオリーブ油と塩で和えたきんぴらは、もう一品欲しい時に重宝する。