今日の晩ごはん

すだちとレモングラスの焼きそば

調理時間
20分

爽やかな香りが魅力のエスニック麺

日本の焼きそばの定番であるソース味ではなく、レモングラスやナンプラーなどエスニック食材を使ったあっさりとした味つけが、もちもちの太麺にぴったり。

材料 ( 2人分 )

  • 焼きそば用麺 …2玉
  • 豚バラ肉 …100g
  • セロリ …1/2本
  • レモングラス(生) …2本分
  • ナンプラー …大さじ1~2
  • ニンニク(みじん切り)・ショウガ(みじん切り) …各1片分
  • 塩、粗挽き黒こしょう …各少々
  • 水 …50ml
  • ごま油 …大さじ2
<A>
  • すだち …2個
  • 香菜 …2株分

作り方

1 下ごしらえをする
豚肉は一口サイズに切る。セロリは5mm幅の斜め切りに、レモングラスはみじん切りにする。<A>のすだちは薄切りに、香菜は2cm幅に切る。焼きそば麺は耐熱皿に入れてラップをし、500Wの電子レンジで約1分半温めてほぐしておく。
2 具材を炒める
フライパンに油を弱火で熱し、ニンニクとショウガを炒める。香りがたってきたら、豚肉、レモングラス、セロリを入れて豚肉に火が通るまで炒める。
3 麺を炒める
やきそば麺と水を加え、麺をほぐしながら蒸し焼きにし、ナンプラー、塩、こしょうで味を調える。
4 仕上げる
3を器に盛り、<A>のすだちと香菜を添える。

Point

  • 麺は事前に加熱しておく

    電子レンジで事前に加熱してほぐしておくと、炒める際に、少なめの水分で済むので、べちゃっとしない。

  • レモングラスはエスニック料理で多く使われるハーブ。今回は生タイプをたっぷりと使って、いつもの焼きそばをエスニック風の味付けに。ねぎやニラのように加熱すると食べやすい。

副菜 memo

酸味を利かせたサラダを

香菜やレモングラスなど香りが強い食材を使ったエスニック麺には、酸味の利かせたサラダが好相性。食卓を彩ってくれる紫キャベツを白ワインビネガーと塩でさっぱりと味つけしたコールスローを添えて。