今日の晩ごはん

マグロとルッコラの手こね寿司

調理時間
40分

三重県の郷土料理をアレンジ

そのまま食べても美味しいマグロの刺身を、醤油を中心としたタレに漬け込んで寿司飯と合わせて食べる手こね寿司。ルッコラをたっぷりと盛って、見た目も華やかに。

材料 ( 4人分 )

  • 米 …2合
  • 水 …カップ2
  • 昆布 …5㎝
  • マグロ …1冊
  • ルッコラ …適量
  • 白ゴマ …大さじ1
  • すだち(皮) …1個分
  • わさび …適宜
<合わせ酢>
  • 酢 …30cc
  • 砂糖 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1
  • すだち(絞り汁) …1個分
<漬け汁>
  • 醤油 …大さじ2
  • みりん …大さじ1
  • バルサミコ酢 …大さじ1
  • ゴマ油 …小さじ1/2

作り方

1 米を炊く
米をとぎ、分量の水を入れ昆布をのせて炊く。
2 寿司飯を作る
すだちは表面の皮を削ぎ、千切りにする。果肉は絞り、合わせ酢の材料を加えよく混ぜる。ご飯が炊きあがったら飯切もしくはボウルに入れ、合わせ酢を全体にまわしかけ切るように混ぜる。うちわであおいで艶が出てきたら白ゴマとすだちの皮を加え、濡れた布巾やキッチンペーパーをかけて冷ます。
3 具材の下ごしらえ
マグロは1㎝厚さに切り、漬け汁に30分程漬ける。ルッコラは水に浸けてシャキッとさせ、ざく切りにして水気をよく取っておく。
4 盛りつける
2を器に盛り、マグロとルッコラをのせる。好みでわさびを添える。

Point

  • ゴマと柑橘がアクセントに

    寿司飯にはゴマと柑橘の皮を加える。味や食感にアクセントが付いて、さらに美味しくなる。

  • 刺身を漬ける時は、醤油とみりんにバルサミコ酢も加える。バルサミコ酢を入れることでコクが出る。そこに、ルッコラもプラスして郷土料理を洋風にアレンジ。

副菜 memo

さらりと食べられる汁物を合わせたい

メインがお腹にたまるものなので汁物がおすすめ。さらりと食べられるすり流しや、すまし汁などが合う。冬瓜は身体を冷やす効果があると言われているので夏にぴったり!