今日の晩ごはん

鶏肉と根菜のターメリックピラフ

調理時間
40分

五感で食欲をそそる一品

ターメリックの色が華やかで、とっておきの週末にぴったりのピラフ。フライパンごと食卓に出して、家族や友人と囲み、パーティのような雰囲気を楽しむのもおすすめ。

材料 ( 作りやすい量 )

  • 鶏もも肉 …300g
  • 玉ねぎ …1/6個
  • ゴボウ …1/2本
  • レンコン …70g
  • ニンニク …1片
  • ショウガ …1片
  • アスパラガス …3本
  • 菜種油 …大さじ1
  • 米 …2合(300g)
  • お湯 …360cc
  • ターメリックパウダー …小さじ2
  • パプリカパウダー …小さじ1
  • 酒 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1と1/2
  • 黒こしょう …少々
  • パセリ(みじん切り) …少々

作り方

1 米を研ぐ
米は研いでザルに上げて30分ほどおいておく。
2 スパイスを準備する
お湯にターメリックパウダーとパプリカパウダー、塩を入れてよく溶かしておく。
3 鶏肉とアスパラガスを切る
鶏肉は余分な脂をとって一口大に切っておく。アスパラガスは3cm長に切る。
4 他の野菜を切る
玉ねぎ、ニンニク、ショウガはみじん切り、ゴボウとレンコンは5ミリ程度のスライスにしておく。
5 具材を焼き炒める
フライパンに油、ニンニク、ショウガを入れて弱火にかけ、香りが出たら鶏肉を加えて焼き色がつく程度に焼く。さらに玉ねぎ、ゴボウ、レンコンを加え、全体に油が回って香りが出るぐらいよく炒め、酒を振る。
6 米を入れて仕上げる
米を加えて全体を混ぜ、2を加えて一旦沸騰させる。沸騰したらアスパラガスを乗せて弱火にして蓋をし、10分炊いてそのまま10分蒸らす。パセリを散らし、お好みでこしょうをかける。

Point

  • 根菜はしっかり炒めて

    ゴボウやレンコンは加熱すると良い風味が出るので、しっかり炒めて香りを出すようにする。

  • 食欲そそるおこげ

    フライパンの底からパチパチと音がしたら、おこげができ始めている合図。お好みで炊き加減を調整して。

  • 市販のダシ類は使わず、鶏肉と根菜の旨味を生かして調理する。いろいろな素材を使うことで、旨味をアップさせる相乗効果がある。鶏肉の他、アサリや有頭エビを入れるのもおすすめ。

副菜 memo

彩りで楽しく

色鮮やかで、見た目にも食欲をそそるピラフには、紫キャベツなど、ピラフの黄色と反対の色味の食材を合わせると、より美味しそうな印象になる。マリネなど、さっぱりした味つけの副菜が合う。