今日の晩ごはん

タラの南蛮漬け

調理時間
30分

柔らかいタラとシャキッとした野菜

冬に美味しいタラを食卓に。淡白なタラは揚げ物にすることでボリュームを出す。少し臭みがある魚は玉ねぎやピーマンなど香味系の野菜と合わせると食べやすくなる。

材料 ( 2人分 )

  • タラ …2切れ
  • 玉ねぎ …1/2個
  • ピーマン …1個
  • ニンジン …3㎝
  • 塩、こしょう …各少々
  • 片栗粉 …適量
<A>
  • ダシ …3/4カップ
  • 酢 …大さじ3
  • 砂糖 …大さじ2
  • 薄口醤油 …大さじ2
  • 鷹の爪 …1/2本
  • 揚げ油 …適量

作り方

1 下ごしらえ
タラは食べやすい大きさに切って塩、こしょうをし、片栗粉をまぶす。
2 切る
玉ねぎは薄切り、ピーマンは輪切り、ニンジンは千切りにする。
3 浸ける
バットに<2>と<A>を入れる。
4 仕上げる
熱した油で<1>をカリッとするまで揚げ、熱いうちに<3>に浸ける。時々混ぜながら、野菜がしんなりするまで10分ほど浸ける。

Point

  • タラは熱いうちに浸け汁に

    タラは味が染み込みやすいよう熱々のうちに浸ける。野菜のシャキシャキ感とタラが好相性。

  • ピーマンはニンジンと切り方をそろえずに輪切りにする。子どもが苦手なピーマンも、断面のかわいらしさをそのまま生かすことで興味を持ってもらい、食べやすくすることが目的。

副菜 memo

甘辛いたたきゴボウは好相性

メインは少し酸味があるので、甘辛い副菜を用意する。ゴボウはたたいて5cmほどの長さに切る。醤油、砂糖、みりん、酢、練りごま、白ごまにゴボウを和えて少しおく。簡単なのに食べ応えのある副菜。