今日の晩ごはん

夏野菜と豚肉の南蛮

調理時間
15分

夏らしい南蛮ダレが決め手

刻んだ香味野菜をたっぷり使った南蛮ダレが甘酸っぱくて爽やか! 油で揚げた野菜や肉もタレが絡めばさらっとして食べやすく、ご飯も進む。晩酌のおともにもおすすめの一品。

材料 ( 2人分 )

  • ナス …1本
  • シシトウ …4本
  • 豚もも肉(薄切り) …100g
  • 塩 …少々
  • コショウ …少々
  • 片栗粉 …適宜
  • 揚げ油 …適宜
[南蛮ダレ]
  • ミョウガ …1個
  • 長ねぎ …10cmくらい
  • ニンニク …1片
  • ショウガ …1かけ
  • 砂糖 …大さじ1
  • 米酢 …大さじ3
  • 醤油 …大さじ3

作り方

1 野菜の下ごしらえ
ナスは縦に半分に切って、2等分する。ナスの表面に、斜めに細かく切れ目を入れておく。シシトウは包丁で縦に切れ目を入れて、破裂しないようにしておく。
2 肉の下ごしらえ
豚肉は塩、コショウをして、片栗粉をまぶしておく。
3 南蛮ダレを作る
ミョウガ、長ねぎ、ニンニク、ショウガはすべてみじん切りにして、バットなどに入れる。砂糖、酢、醤油も入れてよく混ぜておく。
4 野菜を揚げる
フライパンに1㎝くらいまでの油を入れて、火にかける。1のナス、シシトウを素揚げして、熱いうちに3のバットに入れておく。
5 肉を揚げる
2の豚肉も同様に揚げる。肉の色が変わったら取り出し、同じようにバットに入れる。
6 盛り付ける
全体に南蛮ダレを絡め、器に盛り付ける。

Point

  • シシトウには下ごしらえを

    シシトウは丸ごと素揚げすると破裂してしまうことも。あらかじめ包丁で切れ目を入れておくときれいに揚がる。

  • 具材は素早くタレに漬ける

    揚げた具材は、油から取り出したらすぐに南蛮ダレに漬ける。熱いうちに漬けるとタレがなじみやすい。

  • ミョウガをはじめ、香味野菜をたっぷり刻んで夏らしい南蛮ダレに仕上げる。揚げた野菜や肉と絡めても爽やかな味にまとまる。さらに新ショウガなどを刻んで入れても美味しい。

副菜 memo

優しい味の副菜を合わせて

食べ応えのある南蛮漬けには、冷奴などさっぱりとした味の副菜とご飯を添えると組み合わせもバッチリ。トマトと卵のスープなど、優しい味わいの汁物を添えても満足感がアップしそう。