今日の晩ごはん

ピーマンソースのカツオカルパッチョ

調理時間
10分

おもてなしに最適なカルパッチョ

ピーマンと新玉ねぎをソースにしていただくカツオのカルパッチョ。香味野菜がカツオの臭みを消し、旨味を爽やかに引き立てます。彩り豊かな一品はおもてなしの席にも。

材料 ( 4人分 )

  • カツオ(刺身用) …1柵
  • 新玉ねぎ …1/4個
  • ピーマン …大3個
  • 紫キャベツスプラウト …1/2パック (他のスプラウトでも可)
<A>
  • 醤油・酢・みりん・ごま油 …各大さじ1
  • 生姜絞り汁 …ひとかけ分
  • 粗挽き黒胡椒 …お好み
  • ラー油 …適量

作り方

1 下ごしらえをする
新玉ねぎをみじん切りしてボウルに入れ40秒レンジで加熱したら、Aを合わせたものを加えて冷蔵庫で馴染ませる。
2 皿に盛る
カツオは削ぎ切りして、器に盛る。
3 ソースをかける
食べる直前に、みじん切りしたピーマンを1のソースに加えて混ぜ合わせて2にかけ、上にスプラウトをのせてラー油をたらす。

Point

  • ピーマンは食べる直前にソースと和える

    ピーマンはシャッキリ感と爽やかさのあるほろ苦さを生かすため、食べる直前にソースと和える。ソースはお好みの量をかけて。

  • 紫色の野菜を使うと、簡単なサラダやカルパッチョが華やかに、少し上級に見える。紫キャベツや紫玉ねぎ、紫スプラウトなどが遠藤さんがよく使う紫野菜。

副菜 memo

歯応えのある野菜が合う

旬の野菜や根菜を蒸したり焼いたりしてごまソースを添えた副菜が、遠藤さんのおすすめ。口の中で溶けるようなしっとり感のあるカルパッチョには、歯応えのある野菜が合う。