今日の晩ごはん

里芋と鶏そぼろとゴボウの炊き込みご飯

調理時間
45分

里芋たっぷりで秋らしく

柔らかくねばりのある食感が楽しい里芋が主役。大きいままの里芋がごろごろ入って、秋らしい一品。あらかじめ具材を炒めて冷蔵しておくと、夜は炊くだけの簡単ごはん。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏挽肉 …100g
  • ゴボウ(ささがきにする) …50g
  • ショウガ(すりおろす) …少々
<A>
  • 醤油 …20ml
  • 酒 …10ml
  • 米 …2合
  • 水 …320ml
  • 酒 …60ml
  • はちみつ …小さじ1
  • 塩 …小さじ1/2
  • 昆布 …10㎝角程度
  • 里芋 …200g

作り方

1 具材を炒める
鶏挽肉は油をひかずにフライパンで炒める。火が通ってきたら、ゴボウを加えて炒め合わせ、さらにショウガのすりおろし、Aを加える。
2 ご飯に味を付ける
米をとぎ、水、酒、はちみつを合わせ、昆布と一緒に浸ける。
3 ご飯を炊く
皮をむいた里芋と1を2に加えて炊く。
4 盛り付ける
炊き上がったら昆布を取り出し、千切りにして加え、全体を混ぜ合わせる。お好みでミョウガ(分量外)の千切りや黒七味をふりかける。

Point

  • 具材は先に炒めておく

    鶏挽肉とゴボウは炒めて調味しておくと便利。前日や朝のうちに炒めて冷蔵庫に入れておけば、仕事帰りでもサッと作れる。

  • 昆布の旨味をたっぷりと!

    ご飯を炊き込む際は昆布を切って入れる。昆布だけ先に水につけておいてもOK。より旨味がしみ出て美味しく炊き上がりますよ。

  • 具だくさんの炊き込みごはんと具だくさんの味噌汁があれば安心というナガタさん。シンプルながらも野菜をたっぷり食べられるヘルシーメニューに!季節の野菜を使って楽しんでみて。

副菜 memo

ご飯を楽しむためシンプルな副菜を添えて

具だくさんの味噌汁に漬け物、カリカリ梅などもおすすめ。主役の炊き込みご飯で栄養もボリュームも十分満足できるので、添えるのはシンプルな箸休めになる小皿を。