今日の晩ごはん

とろみ親子丼

調理時間
15分

とろりとした食感に虜になる

ダシが利いた親子丼の卵のとろとろとした食感は、誰もが虜になること間違いなし! 鶏のぷりっとした食感がクセになり、飽きずに楽しめる絶品レシピ。お好みで山椒をかけるのも◎。

材料 ( 2人分 )

  • ご飯 …大盛り2膳分
  • 鶏もも肉 …200g
  • 玉ねぎ …1/2個
  • 粉山椒 …適宜
  • 片栗粉 …大さじ1/2
  • 卵 …3個
<A>
  • 水 …150ml
  • 醤油 …大さじ2.5
  • 砂糖 …大さじ1
  • みりん …大さじ1

作り方

1 下ごしらえ
玉ねぎは繊維と並行の向きに7~8mm幅に切る。鶏肉は厚みを均一に切り開き、3~4cm角に切る。卵は白身をしっかりとほぐしてから、黄身も潰してザックリと混ぜる。鶏肉の汁気をペーパーでふき取り、片栗粉をまぶす。
2 火にかける
フライパンに<A>と玉ねぎを入れて中火にかける。沸騰したら、鶏肉を入れて蓋をして、時々揺すりながら3~4分ほど煮る。
3 卵を加える
卵の1/3量をフライパンの中央に注ぎ、一呼吸おいてから、外側にも円を描くように流し入れる。箸で大きくゆっくり2周ほどかき混ぜる。
4 盛り付ける
蓋をして10秒ほどおいて、蓋を取り、半熟状態でご飯にのせる。好みで粉山椒を振る。

Point

  • 卵は中央に注ぐ

    溶き卵は、火の通りが悪いフライパンの中央から注ぎ、ひと呼吸置いてから、全体に注ぎ入れる。

  • 鶏肉には片栗粉を薄くまぶして、ジューシーに仕上げる。ぷりっとした食感になり、煮汁にもほど良いとろみがつく。このひと手間が、とろとろの親子丼を作る上で重要になる。

副菜 memo

歯ごたえがある副菜を添えて

丼ものは、一気に完食してしまう人もいるかと思うが、歯ごたえのある副菜を添えると、箸休めになりリズム良く食べられるのでおすすめ。旬の白菜の千切りサラダやほうれん草や小松菜に柚子こしょう鰹節、醤油で和えた副菜も◎。