今日の晩ごはん

下仁田ねぎと牛肉の山椒煮

調理時間
40分

上品なねぎの甘みと山椒の香り

あっさりとしたダシに山椒の香りとほのかな刺激がアクセント。とろりと煮込んだ下仁田ねぎは優しい甘みで滋味深く、上品な味わい。

材料 ( 2人分 )

  • 下仁田ねぎ …2本
  • 牛薄切り肉 …150g
  • 厚揚げ …1/2枚
<A>
  • ダシ汁 …2カップ
  • 酒 …大さじ2
  • みりん …大さじ2
  • 山椒の実 …小さじ1
  • 砂糖 …さじ1/2
  • 薄口醤油 …大さじ2

作り方

1 下ごしらえ
牛肉は熱湯で霜降りをしてザルに上げて水を切る。厚揚げは熱湯でサッとゆでて油抜きをし、4等分に切る。下仁田ねぎは白い部分は3㎝、青い部分は1㎝幅に切る。
2 煮込む
鍋にAを入れ、沸騰したら2の厚揚げと下仁田ねぎの白い部分を入れ、軽く蓋をずらして弱火で15分煮る。
3 さらに煮る
2に薄口醤油と1の牛肉を入れ蓋を軽くずらして10分ほど煮て、ねぎの青い部分を加えて5分煮る。

Point

  • 牛肉はアクを取っておく

    上品な味の煮物に仕上げるために、牛肉はサッと湯通しをしてアクを取る。牛肉は火を通し過ぎると硬くなるので煮るときは仕上げに加えて。

  • 捨ててしまいがちなねぎの青い部分を活用。少し繊維が硬いので、細めに刻んで仕上げに加えて少し煮るのがポイント。ねぎらしい香りと辛味、色味がいいアクセントになる。

副菜 memo

さっぱりとした和え物を

山椒の香りを邪魔しない、さっぱりとした副菜がおすすめ。冷水さんが合わせたのは完熟かぼすと塩だけで作った紅芯大根の和え物。鮮やかな紅色で食卓が華やぐ。