今日の晩ごはん

カボチャとツナのスパイシーコロッケ

調理時間
40分

コロコロとした見た目がかわいいおつまみコロッケ

ツナを汁ごと使うことでしっとり仕上げた食感のタネと、サクサク衣がベストマッチ。爽やかなタイムと、スパイシーなカレー粉が、カボチャの甘みをより引き立てます。

材料 ( 2人分 | 12個 )

  • カボチャ(ワタと種を除いたもの) …200g
  • 紫玉ねぎ …1/4個(約40g)
  • ツナ缶(ノンオイルタイプ) …1缶
<A>
  • カレー粉 …小さじ1/2
  • タイム(ドライ) …小さじ1/4
  • 塩、黒こしょう …少々
  • 薄力粉、溶き卵、パン粉、揚げ油 …各適量
  • 岩塩 …少々
  • エストラゴンマスタード(あれば) …適量

作り方

1 下ごしらえをする
カボチャは皮ごと適当な大きさに切る。紫玉ねぎはみじん切りにし、水にさらした後、水気をしっかりときる。
2 タネを作る
カボチャは蒸し器で軟らかくなるまで蒸して、熱いうちにマッシャーで潰す。<A>を加え混ぜ、粗熱がとれたら紫玉ねぎ、ツナ(汁ごと)を加えてさらに混ぜる。
3 揚げる
12等分にして丸く成形し、茶こしで薄力粉をまぶす。溶き卵、パン粉の順につけ、170℃の揚げ油で、色よく揚げる。
4 仕上げる
岩塩を振り、あればエストラゴンマスタードを添える。

Point

  • 茶こしで粉を振る

    タネに薄く、まんべんなく粉をまぶすために茶こしを使う。カラっと揚がり、手も汚れず、便利。

  • よもぎ独特の酸味と香りがする『エストラゴンマスタード』と一緒にいただくのが柚木さんのお気に入り。※輸入食材店等で購入可能。ソースでいただいても美味しい。

副菜 memo

タンパク質をプラスする

主菜のタンパク源はツナのみなので、エビやホタルイカのアヒージョ(オリーブ油とニンニクの煮込み)などを添えてタンパク質をプラス。栄養バランスがアップするのはもちろん、手軽に食卓が華やかになる。