今日の晩ごはん

レンコンソーセージ

調理時間
15分

厚切りのレンコンに詰めていただくソーセージ

旬のレンコンのシャキっとしながら少し粘りのある食感と、肉との相性が最高。セージがほんのり爽やかに香り、小さい子どもも喜んで食べてくれる。

材料 ( 2人分 )

  • レンコン(2㎝厚の輪切り) …4枚
  • 片栗粉 …大さじ2
  • オリーブ油 …大さじ1
【ソーセージ種】
  • 鶏胸挽肉 …200g
  • レンコン(すりおろし) …大さじ2
  • セージの葉 …15枚 ※ドライの場合小さじ2
  • ナンプラー …大さじ1
  • 黒こしょう …少々

作り方

1 ソーセージの種を作る
セージはトッピングに使う4枚を残し、細かく刻む。他のソーセージ種の材料に加えて粘りが出るまでよく混ぜ合わせる。
2 レンコンに粉を振る
レンコンと片栗粉をポリ袋に入れ、穴の中まで粉が付くように振り、取り出して余分な粉を落とす。
3 種をレンコンに詰める
1を4等分し、レンコンの穴に押し付けて詰め、残りは上に盛る。
4 焼く
フライパンに油を熱し、3の肉がのっているほうを上にして並べ入れ、軽く塩(分量外)をし、蓋をして5分、中弱火でじっくりと焼く。裏返して、2、3分焼いて取り出す。

Point

  • 袋に粉を入れて振る

    粉が穴の中までまんべんなく付くように、袋に空気を入れて振る。このひと手間でレンコンに肉がしっかりと付く。

  • ハーブの一種であるセージは肉料理との相性抜群。油っぽさを抑えてくれる効果も。ふわっと爽やかに香り、ワインも進む。ハーブティーとして飲むのもおすすめ。

副菜 memo

お酒の邪魔をしないさっぱりとしたポタージュ

ハーブの利いた肉詰めの味を引き立ててくれるさっぱりとした汁物を。塩麹で味付けしたきのこのポタージュは、稲葉さんの定番。鶏肉なのでお酒は白ワインをチョイス。