今日の晩ごはん

夏野菜の混ぜ寿司

調理時間
15分(米を炊く時間は除く)

香りも味わいも豊かな洋風混ぜ寿司

削ったレモンの皮を散らして爽やかに仕上げた洋風混ぜ寿司。混ぜ合わせる具材は枝豆やトウモロコシなどに夏を感じさせる野菜を使って、彩り良く。おにぎりにしても。

材料 ( つくりやすい分量 )

  • ご飯(炊きたて) …2合
<A>
  • レモン汁 …大さじ11/2
  • レモンの皮 …1/2個分
  • オリーブ油 …大さじ11/2
  • 塩 …小さじ1/2
  • キュウリ …1本
  • オクラ(塩ゆでしたもの) …4本
  • 枝豆(塩ゆでしたもの) …1/4カップ
  • トウモロコシ(ゆでたもの) …1/2本
  • ミョウガ …3本
  • 大葉 …3~4枚
  • コウナゴ …1/2カップ(20g)
  • 白ごま …大さじ3
  • スプラウト …小1パック

作り方

1 ご飯にレモン等を混ぜる
炊きたてのご飯に、塩を混ぜ溶かしておいたAを加えて切り混ぜる。室温になるまで冷ます。
2 キュウリを塩もみする
キュウリは輪切りにして、塩少々(分量外)でもむ。2~3分おいたら水気を絞る。
3 他の食材を切る
オクラ、ミョウガは小口切りに、大葉は千切りにする。トウモロコシは包丁で実をこそぐ。
4 仕上げる
2と3のすべてを1に加え、切るように混ぜる。仕上げに、コウナゴ、白ごま、スプラウトを散らす。

Point

  • キュウリの水気を絞る

    キュウリは塩もみしたあと、水気をしっかりと絞る。こうするとえぐみを取り除けて発色も良くなる。

  • 米は昆布を入れて炊く。2合の米に、3センチ四方の昆布、水340ml、小さじ2のみりんで通常より少し固めに炊く。昆布を入れると香りが良く、ふっくらと炊き上がる。

副菜 memo

味噌汁で黄金の組み合わせに

野菜たっぷりのご飯には、味噌汁を合わせるのが定番。塩分が利いてすっきりとした味わいの赤ダシの味噌汁に、黒七味を振っていただくのが渡辺さんの夏の定番。