今日の晩ごはん

チキンソテーとジャガイモのガレット

調理時間
25分

皮が驚くほどパリッパリに!

鶏肉はまず身の方を焼いてから、皮は最後に重しをのせてしっかりと焼き付けるのが福田さん流。皮はパリッパリ、中はしっとりと焼き上がります。レモンがジューシーさをさらに引き立てます。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏モモ肉 …2枚
  • 塩 …小さじ1
  • こしょう …少々
  • ジャガイモ …1個
  • 薄力粉 …小さじ1
  • バター …5g
  • 芽キャベツ …適宜
  • レモン …適量

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉は余計な脂を取り除き、厚みを均一にする。塩、こしょうを振り、室温に戻す。
2 鶏肉を焼く
フライパンを強火で熱し、1を皮目を上にして入れる。中火にして約3分焼く。裏返して鶏肉の上に耐熱皿をのせて重石になるもの(鋳物の鍋や重ねた皿など)を置き、そのまま8〜10分焼く。
3 ジャガイモを切る
ジャガイモは皮をむいてスライサーで薄切りにする。薄力粉をまぶし、少しずつ重ねて並べる。
4 ジャガイモを焼く
別のフライパンを熱してバターを溶かし入れ、3を入れて両面がカリっとするまで焼き、塩少々(分量外)を振る。皿に2とともに盛り、好みでさっとソテーした芽キャベツを添える。鶏肉にレモンを絞っていただく。

Point

  • 鶏肉に重しをのせる

    鶏肉は裏返したら重しをのせる。鶏肉全体を押さえるサイズのある耐熱皿の上に、鋳物の鍋などしっかりと重みのあるものをのせる。鍋肌に密着させることで皮がパリっと焼き上がる。

  • ジャガイモは重ねる

    ジャガイモはスライサーで輪切りにしたら水にさらさずに、写真のように少しずつ重ねていく。薄力粉をまぶせばつなぎがわりになり、調理しやすい。

副菜 memo

野菜たっぷりスープを

鶏肉とジャガイモのシンプルな味わいをより引き立ててくれるような副菜を合わせたい。旬の野菜を数種類煮込んだミネストローネなど、軽やかなスープがおすすめ。

サラサラ床で暮らしをもっと気持ち良く 床拭きロボット『Braava(ブラーバ)』を体験! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ