今日の晩ごはん

アジの変わりたたき

調理時間
15分

アジの魅力をまるごと堪能できる

脂がのっている旬のアジはぜひたたいて刺身でいただきたいもの。薬味は定番のねぎではなくエシャロットと、セロリで変化をつけるのが長谷川さん流。

材料 ( 2人分 )

  • アジ(刺身用に3枚におろしたもの) …2尾分(1尾150g程度の大きさのもの)
<薬味>
  • ショウガ …10g
  • セロリ …7㎝(20g)
  • エシャロット …1本
  • ミョウガ …1個
  • 塩 …少々
  • 粗挽きこしょう …少々
  • オリーブ油 …小さじ1
  • シソ …2枚

作り方

1 野菜を切る
ショウガとセロリは皮をむき、エシャロットとともにそれぞれ細かく刻む(多少粗くても良い)。ミョウガは縦半分に切り、千切りにして軽く水にさらし、水気をきる。
2 アジをたたく
アジは腹骨をすきとり、小骨を骨抜きではずし、肩の方から皮をはぎ、粗く切ってから包丁でたたく。
3 薬味を混ぜる
2の身に1の薬味を適量混ぜて、もう一度軽くたたく。そこに、塩、こしょうと、油を回し入れ、軽く混ぜる。
4 仕上げる
器にシソをしき、3を盛り、ミョウガをあしらう。好みで醤油(分量外)をかけていただく。

Point

  • 包丁を落とすようにたたく

    アジを叩くときは、包丁を落とすようにして刃元で食感が残る程度に粗くたたくのがポイント。

  • セロリやエシャロットなどを混ぜて、薬味に変化をつける。仕上げにオリーブ油でコーティングすると爽やかな風味がプラスされ新鮮な味わいに。そのままでも美味しいが塩や醤油をかけても。

副菜 memo

かぼちゃで彩りも鮮やかに

あっさりとしたあじのたたきには、ダシ、醤油、砂糖でこっくり目の味で食べ応えのあるかぼちゃの煮付けを合わせるとバランスが良い。また、鮮やかなかぼちゃの色が食卓を華やかにしてくれる。