今日の晩ごはん

きのこのパエリャ

調理時間
30分(サフランの色出し時間を除く)

本場仕込みの本格レシピ

サフランライスと、旬のきのこを一緒に煮込んだパエリャは食べると元気をもらえる一品。具材は魚介、肉類、野菜など自由自在なので季節や気分に合わせてチョイスして。

材料 ( 2人分 | フライパン24cm、パエリヤパン24~26cm )

  • 米 …1カップ
  • ベーコン …100g
  • マッシュルーム …6個
  • エリンギ …2~4本
  • シメジ …1パック
  • ニンニク …1片
  • オリーブ油 …大さじ1
  • サフラン …ひとつまみ
  • 白ワイン …大さじ2
  • チキンスープ …3カップ (チキンブイヨンを使う場合1個)
  • 塩 …小さじ1/2
  • 黒こしょう …少々
  • チャービル …少々
  • レモン …1個
  • イタリアンパセリ …適量

作り方

1 下ごしらえ
チキンスープを温める。それにサフランを入れて30分置き、色出ししておく(スープを温めておくと、色が早くよく出る)。
2 具材を切る
ベーコンは食べやすい大きさに切る。ニンニクは薄切りにする。エリンギは縦半分に切る。シメジは石づきを除き小房に分ける。マッシュルームは汚れを取り除き、軸ごと薄切りにする。
3 炒める
ニンニク以外の2に塩、こしょうをし、パエリャパン(またはフライパン)に油を熱し、2を炒める。エリンギに焼き色がついてきたら白ワインを入れて煮詰める。
4 米を炊く
米を洗わずに加えて混ぜ合わせ、温かい1をさらに加える。木べらで混ぜながら中火で8分煮込む。弱火でしっかりと蓋をしてさらに10分煮込んで炊く。
5 仕上げる
スープがほぼなくなったら、蓋をしたまま強火で全体をさっと焼き、おこげをつけて火を止め5分蒸らす。蓋を取り、みじん切りにしたイタリアンパセリをふる。レモンと黒こしょうをかけチャービルを添えていただく。

Point

  • アルミ箔の蓋を作る

    パエリャパンには、蓋がないのでアルミ箔などちょうどいいサイズの蓋を作る。前もって用意しておくと便利(フライパンの場合は専用蓋を)。

  • 蓋をするタイミングを見極める

    木べらで混ぜた際に、鍋底が見えたら蓋をするタイミング。ポイント1で作っておいた蓋をして弱火で10分煮込む。

  • 仕上げにレモンと黒こしょうをかけると、さっぱりとして美味しい。レモンは鍋まわりに飾るようにして添えると、見栄えもいい。ベーコンは鶏肉や豚肉に替えても。冷蔵庫にある好きな具材を選んで。

副菜 memo

赤パプリカのサラダ

具沢山のパエリャには、レタスなどの葉野菜に、220度のオーブンで40分程度焼いたパプリカと、プチトマトを添えたシンプルで色鮮やかなサラダを。ワインと一緒に楽しんで。