今日の晩ごはん

鶏肉の赤ワインとバルサミコ煮込み

調理時間
60分

玉ねぎとバター、ふたつのコクを重ねてより濃厚に

赤ワインとバルサミコ酢でじっくりと煮込んだ鶏肉は、驚くほど軟らか。鶏肉から染み出た旨味に、飴色になるまで炒めた玉ねぎでコクを重ねて、豊かな味わいに。肌寒くなってきた初秋の夜に食べたいひと品。

材料 ( 2人分 )

  • 手羽元 …6本
  • マッシュルーム …1片
  • ニンニク …1片
  • 玉ねぎ …1個
  • セロリ …1本
  • オリーブ油 …大さじ2
  • バルサミコ酢 …大さじ3
  • 赤ワイン …1カップ
  • 塩 …適量
  • バター …15g

作り方

1 下ごしらえをする
ニンニク、玉ねぎ、セロリはすべてみじん切り、マッシュルームは薄切りにする。
2 炒める
鍋に油を中火で熱し、ニンニク、玉ねぎを入れて途中少量の水を足しながら焦げないように、飴色になるまで炒める。
3 煮る
2に鶏肉、マッシュルーム、セロリ、バルサミコ酢、赤ワイン、塩を加えて蓋をし、約40分煮る。
4 仕上げる
3にバターを入れて溶かし、塩適量(分量外)で味を調える。

Point

  • 玉ねぎが飴色になるまで炒める

    玉ねぎは飴色になるまでしっかりと炒める。ニンニクは焦げやすいので途中水を加えてヘラなどで絶えずかき混ぜながら炒める。

  • 仕上げにバターを入れて全体に混ぜ合わせる。照りが増し、コクが強くなる。バターは加熱しすぎると香りが飛んでしまうので、バターを加えたらすぐに火からおろし、芳醇な香りを楽しむ。

副菜 memo

王道のガーリックトーストを添えて

煮込み料理には欠かせない、ガーリックトーストやバゲットを添えて。ほっとする王道の組み合わせは食欲を刺激してくれる。これにほぐした鶏肉や玉ねぎをのせても美味なうえ、ワインとも相性抜群。