今日の晩ごはん

ポルトガル風フライドチキン

調理時間
20分

パプリカパウダー入りの衣で香り高いひと品に

ポルトガル料理でよく使われるパプリカパウダーやローリエで香りづけしたフライドチキン。むね肉を使うので軽やかです。仕上げに強火にするとカリっと揚がります。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏むね肉 …1枚(約200g)
A
  • ニンニク、ショウガ(ともにすりおろし) …各1/2片分
  • ローリエ(手でちぎっておく) …1枚
  • 塩 …小さじ1/4
  • こしょう …少々
B
  • 牛乳 …大さじ3
  • 片栗粉 …大さじ1/2
<衣>
  • 小麦粉 …1/4カップ
  • 塩、パプリカパウダー、ガラムマサラ …各小さじ1/3
  • 揚げ油 …適量
  • フリルレタス …適量

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉は大きめのひと口大に切り、ボウルに入れる。Aを加えて混ぜ、5分おく。別のボウルにBを混ぜておき、バットに衣の材料を混ぜておく。
2 衣をつける
1の鶏肉をBにくぐらせ、衣をまぶしつける。
3 揚げる
鍋に揚げ油を低温に熱し、2を入れてフチが固まるまで動かさずにじっくりと揚げる。カリっとしてきたら上下を返し、そのまま2分揚げる。もう1度上下を返し、約1分揚げ、竹串を刺す。透明の肉汁が出てきたら強火にして30秒揚げて取り出す。レタスとともに器に盛る。

Point

  • 衣にパプリカパウダーを加える

    「ポルトガル人はパプリカパウダーを日常的にこしょうと同様に使います」と栗山さん。衣にパプリカパウダーを混ぜて、甘酸っぱい独特の風味をプラスする。

副菜 memo

フレッシュなグリーンサラダを

スパイスを使ってパンチのきいた味に仕上げたフライドチキンには、フレッシュなサラダを添えて野菜をチャージ。ボリュームを出したいときはフライドポテトを添えても。

おいしいからカラダもよろこぶ、旬のアスパラレシピ