今日の晩ごはん

ゆで鶏とたたきキュウリのごま和え

調理時間
70分

ゆっくりと火を通したゆで鶏は極上のしっとり感!

ゆで鶏は大きく割き、キュウリは切らずにたたくと味のなじみがよくなる上、ダイナミックな見た目に。仕上げにかけるピーナッツの香ばしさが、食欲を刺激します。

材料 ( 4人分 )

  • 骨付き鶏もも肉 …1本(850g)
  • キュウリ …3本
  • 長ねぎ(青い部分) …1本分
  • ショウガ(薄切り) …2枚
<ごま和えダレ>
  • 醤油 …大さじ3
  • ねりごま …大さじ2
  • 砂糖 …小さじ1
  • 豆板醤(あれば) …小さじ1
  • ごま油 …大さじ1/2
  • ピーナッツ …30g

作り方

1 鶏をゆでる
鍋に鶏肉、水2リットル(分量外)、長ねぎ、ショウガを入れて強火にかけ、沸騰したら弱火にして1時間ほどゆでる。鶏肉を入れたまま、常温まで冷ましたら身を粗くほぐす。
2 キュウリをたたく
キュウリはすりこぎなどで軽くたたき、食べやすい大きさに割る。ピーナッツはフライパンでから煎りし、粗く刻む。
3 タレを作る
ボウルにごま和えダレの材料を混ぜ合わせる。
4 仕上げる
ボウルに鶏肉、キュウリを入れて和え、器に盛ってピーナッツをかける。

Point

  • ゆで汁につけたまま冷ます

    鶏肉はすぐに取り出さずに、ゆで汁につけたまま冷ます。パサつかず、しっとりと仕上がる。鶏肉の旨味が染み出た汁は、捨てずに麺料理などに活用を。

  • 鶏肉のゆで汁を使って、麺料理を作る。ハナコさんのおすすめは、ゆで汁にナンプラーを加えて、たっぷりのねぎ、黒こしょうを振り、仕上げにライムをしぼったアジアな雰囲気が漂うひと品。

副菜 memo

鶏肉を冷ましている間にさっと作れるひと品を

水切りした豆腐に片栗粉をつけて焼き、薬味のミョウガをのせる「豆腐のミョウガ焼き」がおすすめ。仕上げにバターで香りづけ&醤油をたらせばごはんもすすむひと品に。主菜のごまダレとも相性抜群。