今日の晩ごはん

サバの酒蒸し サワークリーム醤油添え

調理時間
30分

サバとサワークリームの新鮮な出合い

塩をふって酒蒸しするだけのシンプルなひと品。蒸されたサバは旨味が凝縮されて、見た目もキラっと光って美しい。ほのかな酸味がきいたサワークリームソースで味に奥ゆきを。

材料 ( 2人分 )

  • サバの切り身 …2切れ
  • 長ねぎ …1本
  • 塩 …適量
  • 酒 …大さじ2
<サワークリームソース>
  • サワークリーム …50g
  • 醤油 …小さじ1
  • 塩 …小さじ1/2弱

作り方

1 下ごしらえをする
サバは表面全体に少し強めに塩をふりかけて約15分室温に置く。長ねぎは幅約2cmの斜め切りにする。サワークリームソースの材料は全て混ぜ合わせておく。
2 蒸す
サバの表面に出てきた水気を拭いてオーブンシートを敷いた蒸し器に皮目を上にしてサバを並べる。表面に酒を振りかけて上に長ネギをのせ、10〜12分蒸す。
3 仕上げる
皿に盛り、サワークリームソースを添える。

Point

  • 塩を多めに振る

    サバにたっぷりと塩を振って出てきた水気をしっかりと拭き、サバ特有の臭みをとる。酒蒸しはシンプルな料理なので、臭みが料理の味を左右する。

  • サワークリームと醤油を合わせてソースを作る。生クリームを乳酸菌で発酵させたサワークリームは爽やかな酸味とコクが特徴で意外なほど和の調味料と合う。醤油のほか、ポン酢と合わせても。料理の雰囲気を一新してくれるはず。ぜひお試しを。

副菜 memo

ご飯のおともをもう一品

さっと作れる主菜だからこそ、副菜も常備菜を合わせて手軽な献立に。柳瀬さんはダシをとった後の昆布をごま油と酢醤油、豆板醤で合えたおかずを作ることが多いそう。