今日の晩ごはん

大根とスペアリブの塩煮込み

調理時間
45分

豚骨&魚介の美味しいダシが味の決め手

スペアリブから出るダシと、肉に負けないしっかりとした味わいの煮干しダシが絶妙に合う。隠し包丁を入れ、こんがりと焼き上げた大根に味がよく染みて、ご飯が進む。

材料 ( 4人分 )

  • 大根 …1/2~1/3本
  • 豚スペアリブ …400g
  • 水 …600cc
  • 煮干し …5本
  • 鷹の爪 …1本
  • 塩 …小さじ2/3
  • 薄口醤油 …大さじ1/2
  • ごま油 …大さじ1
  • 柚子こしょう …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
大根は1cmの輪切りにし、皮をむき、隠し包丁を入れる。スペアリブは肉と骨の一部を切り離し、切り込みを入れて塩を揉み込む。
2 焼く
深めのフライパンまたは鍋に油を入れ熱し、大根の表面に焼き目がつくまで焼き付ける。大根をいったん取り出し、スペアリブも同様に焼く。
3 煮込む
2に大根を戻し、水、煮干し、種を除いた鷹の爪を入れる。沸騰したらアクを取り除き、蓋をして30分煮込む。
4 仕上げる
仕上げに薄口醤油を回し入れる。お好みで柚子こしょうを添える。

Point

  • 大根には隠し包丁を忘れずに入れる

    大根は下ゆでをせずに作るので、十字に隠し包丁を入れる。火の通りが早いだけでなく、味も染み込みやすい。

  • スペアリブの下処理で調理の効率アップ

    スペアリブは骨のすぐ横の部分に縦に切り込みを入れ、さらに横に包丁を入れる。筋を断ち切ることで火が通りやすくなる。

  • 大根は下ゆでせずに両面をしっかりと焼き付ける。焼き付ければ下ゆでがなくても独特の苦みが取れる。下ゆでがいらないので、一つの鍋で作れる手軽さもポイント。

副菜 memo

甘酸っぱい洋風の和えものがよく合う

しっかりとした味の主菜なので、酸味がありあっさりとした副菜が合う。ハチミツとシャンパンビネガーを使った、さっぱりとした甘みの大根とあんずの和えものはオガワ家の定番。